Let's Zeppelin HAKATA(元FAT DEBBLIN)

  

2016年6月25日
Jimmy Iwasaki追悼ライブfeat.Jimmy SAKURAI こちらのページでご覧下さい   

 

2013年3月24日
ゆう   2012/03/25(月)

福岡市キャバーンビートにて
2部構成で1部は70年ロイヤルアルバートホール
2部は衣装も着替えて73年MSGを中心に。
新しい機材に新しい楽器、それに伴いレパートリーは広がりをみせ、音は厚みを増しました。
初期ものをライヴでガンガン聴くというのは、新鮮であり、心地よいですね。
よりグレードアップしていこうという姿勢が感じられてよかったです。
同行の女性はICさんの靴の裏ばかり見ていたそうです。「より良い音を出すために研究してるんですね〜」と感心していました。
会場で出会った皆さんありがとうございました。
バンドの皆さんライヴお疲れ様でした。



☆Jimmy Iwasakiさん  2013/03/26(火)

岩崎@FATDEBBLIN です。
日曜日は観戦ありがとうございました!

前回のHRCからRhodesは入るわEchoplexは入るわアンプは1959になるわで、私たちも音を楽しみながら演奏させていただきました。初期の荒々しさとMSG〜後期の壮大さをお楽しみいただけていたら幸いです。

今回演奏したセットは下記のとおりです。

<1部>
Good Times Bad Times 〜 Communication Breakdown
We're Gonna Groove
I Can't Quit You Babe
C'mon Everybody
Bring It On Home
How Many More Times

<2部>
Rock And Roll
Black Dog
Misty Mountain Hop
Since I've Been Loving You
No Quarter
The Song Remains The Same
Rain Song
Stairway To Heaven
Kashmir

encore:
Immigrant Song




☆ゆう  2013/03/26(火)

Jimmy Iwasakiさんライヴお疲れ様でした。
セットリストありがとうございます。
今回新しい曲が多く、練習が大変だったでしょう。
機材も増えていき、お金がいくらあってもたりないでしょう。
その甲斐あって、ライヴ中もどこからか「よく研究しているね。」という声が聞こえてまいりました。
これからの展開が楽しみです。



☆ICさん   2013/03/27(水)

ゆうさん、おいで頂いた皆さん、ありがとうございました!!!
靴の裏を見られましたか、ははは。
以前と違ってフットベース、左足メインでやるようになって苦労が絶えませんです〜。
ジョンジーはqロンドンブーツを履いててもフットベース楽勝にふんでるんですよ、かないません。



☆ゆう    2013/03/28(木)

ICさん、ライヴお疲れ様でした。
彼女は音楽の専門教育を受けて、オーケストラではビオラを弾いていた人ですが、50歳過ぎて始めたキーボードだと言うと驚嘆してました。
私の席からは残念ながらお靴は見えませんでした。TOGAWAさんの後頭部がよく見えました。

>ロンドンブーツを履いててもフットベース楽勝にふんでる
そうなのですよね。どうしたらそんなアクロバットな事ができるのか…凄い人ですね。


2012年6月30日
the Celebration Day ! 40 Years since We've been loving Zep



☆ゆう 2012/07/01(Sun)

昨日行ってきました。
衣装はロイヤルアルバートホールから77年USツアーから73年からネブワースからとバラエティに富んでいましたが,衣装と同じく、いろんな時期の曲が聴けた2時間半でした。
新しく披露された曲もあり、カシミールを始めキーボードの演奏もたくさん聴かれ、ICさんのキーボードの上達ぶりは凄いですね。
どの曲も素晴らしく圧倒されました。
ハードロックカフェという会場のため、どうしてもステージが狭くなってしまうので、セッティングが大変だったでしょう。
特にアコースティックセットでは椅子を置く場所にも苦労されていたようで・・・・。
それにしても、あの値段で1ドリンク1プレート2時間半ライヴは相当得した気分になりますね〜。
心もお腹も充たされて来日40周年をお祝いしました。幸せです。
バンドの皆さんお疲れ様でした。
会場で出会った皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。



☆KOHさん   2012/07/01(Sun)

昨日はお世話になりました。楽しい時間を過ごす事ができました!。ゆうさんが書かれてる通り得した気分になれるライブでした。
帰りの車の中で娘に復習で「The Song Remains The Same」と「How theWest」を聴かせました。ライブを思い出し「再現率すげー(娘談:生意気ですみません。でも素直な感想)」と盛り上がりました。先ずは移民、ロックンロールが気にいった様子
で第一段階クリア(笑)。
狭いステージで皆さん演奏が大変でしたがまたHRCで観たいです。楽しかった!
ありがとうございました。



☆ICさん    2012/07/01(Sun)

 ゆうさん、KOHさん、お嬢ちゃん、またその他見に来て来てくださった方がたありがとうございました!中には佐賀、大阪、東京からも来てくださった方がいらして、久しぶりにお会いしてほんとに”えっ!?この為にこられたんですか?”と、ありがたい限りです!

今回、Debblinとしては’73MSGの枠から抜け出してついに中期・後期に飛び出したSmall Stepsですが意義のあるライブでした。中期・後期は今後、Debblinとしても増えていけたらなーと思うのですが、なかなか茨の道ですね。

Mr.Jimmyのジョンジーさんは色々な楽器を弾かれるので教授と呼ばれていると聞きました。Debblinのジョンジーも助教授位を目指したいものです。



☆ヅミーペイジさん    2012/07/01(Sun)

  ゆうさん、昨日は御一緒に観戦させて戴き光栄でした。
また、色々と細やかなお気遣いも大変有難うございました。

そして、ファットのみなさん、大変おつかれさまでした!
やはり期待を裏切らない
素晴らしい舞台を観れて感激でした。
二時間の長丁場、
メンバーさんにとってはキツかったでしょうけど、ZEPの偉大なる美味しい曲のオンパレード、完璧な再現と心温まるMCで、ワタシ共にとってはアッという間の充実の二時間でした。
ライブ前も後も忙しくお疲れだったでしょうに
ワタシ共に笑顔でお気遣い戴き、ホンマありがとうございました。
また次の機会も楽しみにして居ります!


☆ICさん   2012/07/01(Sun)

 ヅミーさんありがとうございました。ステージ上は暑いは音は聞きにくいは、ズラはもっと暑いは、くにっちにいたってはベストまで着込んでるというありさま。

セットリスト上げておきますね。なんとなく色々網羅出来た感じ。
1. Immigrant Song
2. Heartbreaker
3. What Is And What Should Never Be
4. Misty Mountain Hop
5. Since I've Been Loving You
6. The Song Remains The Same
7. Rain Song
8. Going To California
9. That's The Way
10. White Summer〜Black Mountain Side
11. Kashmir
12 .Stairway To Heaven
13. Rock And Roll
14. Black Dog
15. Thank You




☆FAT DEBBLINさん  2012/07/04(Wed)

いやー皆様おつかれさまでした!
沢山の方にお会いすることができたライブでしたね。
今回はうちのライブ初体験のかたも4割はいたんじゃないでしょうか。また来ていただけたとしたら高評価だったという結論になるんじゃないのかなって思います。
しかしまあー熱いのなんの。初っ端から私はつなぎに顎髭、ダービーハットで、その中にはインナー替わりのMSG蜘蛛Tシャツを着込んでましたからね。始まる前からインマイタイムオブダイイング状態ですから。泣
でもお客さんが喜んで一緒に写メ撮ってっと言って下さったりクマモン状態でした。笑
またいつかこういうライブをやるのも楽しいですね。
本当にご来場ありがとうございました。

では、明日からは博多祇園山笠参加しまーす。今年は二番山恵比須流でーす。そちらも頑張りまーす!



☆ゆう   2012/07/05(Thu)

  FAT DEBBLINさん、ライヴお疲れ様でした。
本当に暑い日でしたね、あの衣装はなおさら暑かったでしょう。
初めて披露する曲もあり、準備が大変だったでしょうが
このように楽しくZEP来日40周年を祝う事が出来て嬉しく思います。
どうもありがとうございました。



2012年2月18日
ゆう   2012/02/19(Sun)

吹雪の中、山を越えて行ってきました。
対バンのBonVoliさんとSTARBREAKERさん、よかったです。KOHさんが参加できなかった事が悔やまれます。
FAT Debblinは73年王道MSGですが、The Crungeもインクルードされており、これは72年ですね、かっこよかったです。丁寧に再現しているなという印象を持ちました。よく研究しているし、しっかり練習しているバンドだと思いました。
残業が多かった中で頭が下がります。しかも残業代は機材に消えていったそうで・・・。首が痛いロバートさんのMCも楽しく演奏も素晴らしく、楽しい夜となりました。
初めてご挨拶した方や、久しぶりにあった方と、ライヴは出会いの時でもありますね。お会いした皆様、お世話になりました。

吹雪でちょっと行くのをためらったりしましたが、行ってよかったです。



☆ICさん      2012/02/20(Mon)

ゆうさん、あの雪の中おいで頂きありがとうございます!
早速FaceBookのFANページにRock and Rollアップしてます!
この日はうちのくにっちがPage踊りを行った初めての日として長く語り継がれると思われます。
http://www.facebook.com/FatDebblin



☆凡蔵@FAT DEBBLINさん      2012/02/20(Mon)  

博多では考えられぬ豪雪の中でのご来場、恐れ入ります。しかも、胸いっぱいの愛のこもったチョコレート、楽屋でメンバーで即座に完食しました。美味しかったです。いろいろ気を使って頂き恐縮です。(梨元さん風に)
ライブ楽しかったです。対バンの皆さん・スタッフの皆さんにも御礼申し上げます。



☆ゆう      2012/02/21(Tue)

ICさん、凡蔵さんライヴお疲れ様でした。お世話になりました。
雪は降りまくってて視界は悪かったのですが、帰りは深夜の山越えでも道は凍結・積雪してなかったです。思うに福岡市が一番降っていたのではないかな。福岡都市高速は早々と通行止めになってました。差し入れ完食ありがとうございます。やはり2月で差し入れといえば、チョコであろうと認識しております。
早速映像UPお疲れ様でした。今見たらStairWay to Heaven もUPされていますね。
Rock and Rollの初Page踊りおめでとうございます。ジャンプは以前からしてましたよね。これからますます踊りに磨きがかかる事を期待します。
皆さん、よろしかったら映像観てくださいね。



2011年2月6日
ゆう   2011/02/07

2月6日福岡市ドラムロゴスにて。
今年度は本当に忙しくて久しくライヴに行けておりませんでした。2011年の目標は「ライヴに行く」だったのですが2月に目標を達成することが出来ました。あと10カ月はぼーっと生きていきます。

新しいヴォーカリストShoutyさんのデビューステージとなりました。
HPのShoutyさんの紹介文。
「あの伝説のバンド「パイルドライバー」のボーカリスト、今では、なんと、某音楽専門学校副校長にしてボーカル講師 自他ともに認めるプラントの熱狂的崇拝者。始まると止まらないおやじギャグは脅威!?」

かつて福岡市で活躍した伝説のZEPトリバン「パイルドライバー」のヴォーカリストが30年ぶりに復活しました。
本格的です。マイクはちゃんと左手で持っています。それだけでなく「マイクの正しい持ち方」についてステージで講義していました。
王子を長く研究されてきた方の参加で演奏の幅がぐっと広がりました。
メンバーのZEP研究も進んでいまして
完成度が高くなっていましたね。
非常に驚きました。
今回はスケジュール的体力的に無理かもと思いましたが、無理して参加してよかったです。



☆FAT DEBBLINさん   2011/02/07(Mon)

新ボーカルShoutyのツテで2トントラックをレンタルし、全機材を 朝から積み込んで会場入り。

搬入とセッティングを行い、時間に余裕があったので 8割くらいの曲をリハで行い、力尽きる(笑)

塚田良平さんのバンドはさすがに上手い。 バラードあり、Totoのナンバーありと、爽やかな空気。

対して僕らの暑苦しいことといったら(笑)
細かいミスはあったものの、いい感じで演奏できました。

お客さんは120名程でした。
セットリストは下記のとおりでした。

Rock And Roll
Celebration Day
Black Dog (Including Bring It On Home)
Over The Hills And Far Away
Since I've Been Loving You
The Song Remains The Same
The Rain Song
Dazed And Confused
Whole Lotta Love

(encore)
Immigrant Song



観戦いただいた皆様、ありがとうございました。m(_ _)m

今回ギターは、以前の日記で付け替えたピックアップの具合が非常に良く、 ボリューム絞ったときの抜けや、ミックス時のベケベケ感、リア単独での 暴れ具合などを楽しみながら演奏していました。

久々のLOGOS、楽しませていただきました。
これで明日(今日か)仕事じゃなかったらもっといいのにorz



☆ゆう   2011/02/08(Tue)

ライヴお疲れ様でした。日曜日のライヴというのはやっぱり翌日にひびくでしょうね。それにしても機材運ぶのに2トントラックが必要になってしまったのですね。
セットリストありがとうございます。Rock And Rollから Celebration Dayに流れるのが嬉しかったですしOver The Hills And Far Awayよかったですね。
それとリズムが研究されたSince I've Been Loving Youは多くの方に聴いていただきたいと思います。
LOGOSは音がいいですね。しかしフードを売ってないのがわたくし的に悲しい出来事でした。



☆ICさん   2011/02/08(Tue)

いやーゆうさん、どでしたか、我らの新しいプラントは?

自信をもってお勧め出来るプラントの誕生と自負してます。
色々な工夫具合も見て頂けたようでうれしい限りです。

次回もやらかしますのでよろしくお願いします。



☆ゆう   2011/02/09(Wed)

ICさんライヴお疲れ様でした。
初めてライヴをご覧になった方も「素晴らしい」と感動しておられました。
Shoutyさんはいいですね〜。次はタンバリンを叩いているお姿を拝見したいです。

次回のライヴ、決まりましたらお知らせくださいね。



☆ICさん   2011/02/11(Fri)

今回Shoutyデビューライブという事でHPにビデオなど載せて更新しました。
宜しかったら流し見でもしてみてください。

http://www.fatdebblin.com



2010年8月29日
おぎょさん   201008/29(Sun)

武雄市の音楽イベントに、FAT DEBBLINが 出演するとのことで 行ってきました。
 会場に着く前に、タケオ名物の井手ちゃんぽんで腹ごしらえ!(一枚目)佐賀のちゃんぽんの宗家とも言える店で、野菜がたっぷりでにんにく風味が効いていて最高にうまいです。
山盛りでこんなに食べられるかな?とも思うけど、食べ始めると意外や意外!!さっぱりと食べることが出来ます。 うまかっ!!
井手ちゃんぽんを出て、暫く走って、今回のイベント会場に到着
いやぁ〜〜暑い!!夏もそろそろ終わりとはいえ、会場は35度はあったんじゃなかろうか? 子供は、滑り台で遊んで、オイラはまったりとお茶を飲みながら、いろんなバンドを聞いていました。
やっぱ、こういう時には、ビールが飲みたい!! でも、運転しなきゃならないから我慢だ!

そして、バタバタの転換を終わらせて、FATが登場!!
それまでは、会場の後ろのほうで見ていた観客たちが、あのコスプレを目にした途端、半笑い(ここが重要!!)もっとよく見るために前の方に集まりだしました!

そして、演奏開始!MSGということでオープニングは、ロックンロール
いやぁ〜〜、この一曲目でお客をつかみました。みなさんいい感じで 乗ってましたよ!!そして、ブラックドッグ、ここでトラブル発生!
途中で、スタッフがマイクのシールドを踏んで抜いてしまったせいで ボーカルの声が出ない!これって、ブラックドッグの場合は結構致命的なんだけど、さすが!ボーカルは生声でそのまま歌って演奏は何事もないように進行し、途中でマイクが復帰して演奏終了!やっぱ、こういうトラブルが有るのがライブですよ!そして、こういうトラブルを難なく乗り越えるのが、バンドの力だと思います。いいもん見ました。

演奏は、ダブルネックに持ち替えて、永遠〜雨歌、その頃に雨歌に刺激されたのかついに雨が降り出しました。
でも、なんとか持ちこたえてくれて、チューニングを変えて、天国への階段へ、その演奏の途中で多分演奏者はわからないかもしれないけど、後ろの空では雷がビカビカしていたんですよ

ホールロッタラブで終了!なんか、それまで出てきたバンドとは別格の 安定感!!さすがのステージでした!!

終了後、前の方でノッていた外人さんが、
「Amazing!!」って言って、拍手してました。



☆FAT DEBBLINさん    2010/08/30(Mon)

カウベルさんのサイト
http://www26.tok2.com/home/mydiary/829mit/829mit.htmlがアップされています。よかったらどうぞ。褒めすぎで怖いくらいですけど・・・汗。
そんなこんなでFAT初の野外コンサート、Music In Takeo、熱中症になることもなく無事終了しました。
ちょっと冗談抜きに蒸し暑くて、楽器をステージ上に持って行くだけで汗だく。 こんな中、見に来てくれた武雄の方々、ありがとうございます。
紹介のMCの中で”待ちに待った”と言われたFATですが、ものものしい報道各社のカメラだらけの中でやったリハなし一発勝負はちと無謀だったかも、武雄の皆さんごめんね、でも極上とはいえなくてもある程度楽しんで頂けるレベルは保てたのではないかと。

Set List
Rockn Roll
Black Dog
Song remains the same - Rain song
Stairway to Heaven
Whole lotta love -Boogie Chillin


2曲終わった時点でジョンジーはジャケットは脱ぎました。 全身、特にヅラの中に振り撒く冷却スプレーは3缶、空になりました。
僕らの演奏中ではとうとう爆音でうるさいという苦情が出たそう。苦笑
驚いたのはRain Songの途中で雨がぽつぽつ降り出したこと。”あっそういえばこれはRain Songだった”と演奏しながらやべぇーと。でもその後の天国の階段でうまいこと止んでくれました。
Whole Lottaの最後で雨がまた降り出して、終わった直後にマジで本降り。

ここに貼った写真は暑さの中、なんとか演奏しているとこです。 カウベルさん撮影。舞台は公園の中の半月型の石のステージ、背景にはは何かお祭り風な絵が。
最後に遠くからきてくれた151aおぎょさん(ギターテクまでやってくれてありがとう)、カウベルさん(ビデオ、写真)ありがとう、おつかれさまでした。
それからMCをして頂いた五回も生でZeppelinを見た武雄のRock好きの長老カクゾウさん、音響のInputの山下ご夫婦(元気でしたねー、外音は中々良かったとのこと)、スタッフの方々ほんとお疲れ様でした。

今回、素晴らしいイベントに参加できたこと、メンバー一同誇りにおもっています。

 

2010年1月10日
ゆう   202010/01/10(Sun)

MONSTER of HARDROCK vol.1
70〜80年ハードロックトリビュートライブイベントです。
会場はいつものgate's7

出演バンドは
ROCKET QUEEN (as Guns 'N Roses)
IPON MAIDEN (as Iron Maiden)
ROVER (as Deep Puple)
そしてトリがFAT DEBBLIN
ガンズにアイアンメイデンにパープル
実力派のバンドばかりで素晴らしかったです。
トリバン集合のイベントは本当に楽しいですね。

FAT DEBBLINは73年王道路線でスタート。いつもながらの圧倒的な演奏です。ちゃんと特注の巨大風船も登場しました。
73年もののシメは「モビーディック」。オレンジ色のドラムに、広島からやってきた大きな銅鑼も控えています。
で、途中からなぜかプラスティックのお手手が登場。
しばらく叩いていましたが「もうやめます」とスティックに交換。笑いました。
このモビーディックの間に皆さんお色直しをして70年RAHに。
初期ものでライヴを終えました。アンコールでは「永遠の詩」でしたが。
終始なごやかに尚且つ盛り上がったライヴでしたね。
ご一緒できた皆さん、どうもありがとうございました。
どなたかセットリスト書いてくださりませ。覚えられなくてすみません。


☆凡蔵@FATさん 2010/01/10(Sun)

70〜80年ハードロックトリビュートライブ
MONSTER of HARDROCK vol.1 に御来場頂きありがとうございました。出演は我々含め4バンドでした。

FAT DEBBLIN (as Led Zeppelin)
ROVER (as Deep Puple)
IPON MAIDEN (as Iron Maiden)
ROCKET QUEEN (as Guns 'N Roses)

ゲイツ7にて

このイベントは、殆どすべてのアマのプレイヤーでは出演するバンドはロック史の中で通過儀礼として重要な位置にあるバンドばかりだと思うのでそれが今年の初ライブとなるわけだから楽しめない訳がない、年始だから縁起がいいライブと位置づけしたライブでした。
主催者は驢馬男。よくがんばってくれました。
と言う訳で始まり始まり。

ROCKET QUEEN
1.Nighttrain
2.Rocket Queen
3.Sweet Child O'Mine
4.Welcome To Jungle
5.Knockin' On Heaven's Door
6.Paradise City

ガンズのコピーバンド。
ヴォーカルの人が姿かたちともアクセル・ローズクリソツ。しかも声までそっくり。 スラッシュならぬ「ズラッシュ」なんてモロ。 選曲もガンズ好きの人にはたまらん内容でした。

IPON MAIDEN
1.Aces High
2.Rainmaker
3.The Evil That Men Do
4.Prowler
5.The Loneliness Of The Long Distance Runner
6.Fear Of The Dark
7.The Trooper

メイデンのコピーバンド。 オープニングでSEトラブルがあったものの、5.6といった大作を含む熱いライブを繰り広げていた。

ROVER
1.Highway Star
2.Strange Kind Of Woman
3.Fireball
4.Space Truckin'
5.Black Night
6.Smoke On The Water
7.Burn

パープルのコピーバンド。
やっぱり我々の世代で言うと高校生の洋楽コピーバンドの定番であったパープルだが、最近はなかなか見る機会がなかったので、本格的なパープルのコピーバンドは久しぶり。
最初ワンコードのオープニングで最初は絶対あれだと思っていたらあれは一番最後でした。
考えてみれば2や3のコピーを見るのは初めてでした。
キーボードがかっこよかった。
膝先で鍵盤を押さえるというジョン・ロードのパフォーマンスまで再現していたのには受けた。
ギターの人もリッチーのミストーンまで再現していました。

最後は我々。
FAT DEBBLIN

1.Rock And Roll
2.Celebration Day
3.Black Dog
4.Since I've Been Loving You
5.Stairway To Heaven
6.Moby Dick
7.We're Gonna Groove
8.Communication Break Down
9.Immigrant Song
(encore)
10.The Song Remain The Same


今回は個人的に大変でしたね。笑
それと演出が。でもみんなスタートから巨大風船が会場内を右往左往する光景は演奏中にバックステージから見てても楽しかったですね。
お客さんの歓声・笑ありの楽しいライブでした。お嬢はじめ、御来場の皆様、本当にありがとうございました。



☆ヘンリー92さん   2010/01/11(Mon)

ゆうさんまたまた会えましたね(^ ^)/
今度はMR.HENRY Liveに招待させてください!(もう少し先ですが・・・)その時は愛犬も一緒じゃないと遠征できませんね(笑)



☆ゆう   2010/01/11(Mon)

凡蔵さん、ライヴお疲れ様でした。セットリスト等詳細ありがとうございます。当日までいろいろと大変でしたね〜。

>オープニングでSEトラブル
あれはSEトラブルでしたか。事情はよく分からんと笑ってました。ジョン・ロードさんのパフォーマンスでは「おお〜」と歓声が上がりましたね。こだわりが素晴らしいです。
FATの演奏素晴らしかったですね。観に行ってよかったです。

ヘンリー92さん、どうもお世話になりました。楽しかったですね〜。無事に帰宅されたようで何よりです。
MR.HENRY Liveに参加するのを楽しみにしています。
愛犬は過去を遡って昨年の博多イベントに連れて行ったらよかっただろうな、と思います。ステージの人たちが一斉に自分の名を呼ぶので驚くだろうな、と。

 


2009年5月2日
ライヴの様子はこちらのページをご覧ください

 

2009年1月17日
FAT DEBBLINさん   2009/01/23(Fri)

岩国市のライブハウスロックカントリーで新しいメンバーのギターリストJimmy92ことくにっちを加入しての新生FAT DEBBLINの初フライトライブが無事終了となりました。
対バンの皆さん、スタッフの皆さん、そして今回は機材や何から何までお世話になりっぱなしなんですが、MR.HENRYのみなさんには本当に感謝の一言に尽きます。

ライブは予定を30分圧しての七時スタート
オープニングアクトの2バンドが演奏を終える前に仮装し、準備OK我々は3番手でした。

八時半、シンフォニックゴング38を一発轟かしいよいよライブスタート。
使用した機材はスネアとペダル以外は全てヘンリー92氏の要塞セット。
ドラムはアンバービスタライト、ティンパニは25&29、38銅鑼もう見た目はボンゾ同様です。
私もその要塞の中に埋もれながらミニボンゾとして頑張りましたが。

個人的に演奏は・・・・これはよくありませんでしたね。
練習に対してだと、60点くらいかなあ。
でもたのしかったですね。

尚、セットリストは次の通り

ロックンロール
祭典の日
ブラックドッグ
永遠の詩
レインソング
天国への階段
ウィアゴナグルーヴ
胸いっぱいの愛を
アキレス最後の戦い

ENCORE
移民の歌


となりました。一時間超にわたる演奏に付き合ってもらいました。

またライブの様子は、FAT debblinのHPにUPしています。
よかったらご覧ください。

 
 

2008年9月10日
☆ゆう     2008/09/12(Fri)投稿

FAT DEBBLINのライヴに行ってきました    
私がこのバンドの好きな所は、行く度に努力のあとが見られるからで、いつも真摯な姿勢を感じます。
セットリストを直前で変えなければならず、力を入れて練習していた曲を外さなければならなかった事情があり、バンドとしては不本意な演奏だったでしょうが、アンコールの予定がないのにもかかわらず、アンコールの声が延々と続きました。
「祭典の日」ははじめて聴きましたが、この曲のベースの演奏が好きで、ライヴで聴けて嬉しかったです。
これも初披露の「レインソング」美しいギターの音色に切々と歌われるヴォーカルは素敵でした。この曲はドラムセットをフルに使いますね。ドラやティンパニの音を楽しめました。
特筆すべきは50の手習い、ベースのICさんのキーボードが大変上達しているのは驚きでした。
メンバーの皆さん、ライヴお疲れ様でした。
セットリスト誰か書いてね。



☆FAT DEBBLINさん   2008/09/12(Fri)投稿

ライブめでたく終わりました。
ミュージシャンなら一度は見る悪夢、ステージ上でにっちもさっちもいかなくなるというのが現実に起こっても意外とさらっと流せたのはお客さんが好意的だったからでしょう。
ステージから名前は知らないけど顔はバッチリ覚えている年配の方とかいつものみんなとか見えました。来てくれて感謝してます。
今回SonsとのBlues対決というのを勝手に仕掛けていてそれで追加した新曲が4曲、Dazedは意外とメリハリつけていけたんではないかと思ってます。

というわけで以下はSetList


・Rock'n roll
・Celebration Day
・Black Dog
・What is and What should never be
・Dazed and Confused
・Rain Song
・Stair way to Heaven
・Communcation Barekdown
-Immgrant Song(アンコール)


まぁSonsを見ていて思ったんですがもう少し自由度を持ったインプロビゼーションというのがあってもいいかなと、思えばZepもそいう部分が多いバンドだから。 Zepのこの部分を盛り込んでいけるくらいの力量をつけないといかんですね。

また次回リベンジですね。本当にたくさんの応援頂き感謝しております。ありがとうございました。


☆プラトンさん    2008/09/12(Fri)投稿

楽しく拝見しました。ご苦労様でした。掲示板情報では、いろいろややこしい事情が発生したようですが、それでもまとめてみせたのがバンドの底力。まあ、友人のいるバンドだからといって仲間ボメばっかしてもしょうがないんで、前売り3500円、強制1ドリンク500円分、次回への期待を込めコメントさせてもらいます。

・Rock'n Roll
 「オーライ、レッツゴー」で、73年NY同様に始まるんですが、いかんせん最初からライト点きっぱなし。弦楽隊が入るとこから明るくしてもらう演出だと盛り上がるんだけど…。ハナから鳩が見えてるシルクハットの手品みたい。最初にこの曲やるならそこまで詰めて、フロント2人がもっと動き回る等の演出があればもっとよかった。

・Celebration Day
 頭のギターがぐらぐらしてましたけど、よくぞ立て直しました!これこそ全員で練習を重ねた成果でしょう。こういう時ってバンドやってて良かったと感じる瞬間なんでしょうね。前のめり系のリズムもうまく表現できていたと思いますよ。あっぷあっぷのギターは弾き込み不足が明らか。惜しい。

・Black Dog
 この難曲をいつも安定したプレイで提供してくれるのは大した実力だと思います。正直舌を巻きます。でも聴くたびにスリルが薄れていくように感じるのは何故?それはメンバー同士の合図のアクションが大きすぎて観客にも丸わかりだからです。「さあ、このフレーズ入れるぞ!」とオーディエンスにもバレるアクションは緊張感を削ぐ…かな。

・What Is And What Should Never Be
 別にギターを狙い撃ちするつもりはないんだけれど、何と言ってもジミーちゃん役ですから我慢してほしいっす。おそらく通常は弦高を低めにして弾いてると思うのですが、スライドかます際は高めにしないとろくな音にならない、というのはギタリストではない私でも知っている事です。もう1本、弦高を違えたギターを準備しないとボトルネックやっちゃあきません。スライドは一からきちんとやらないと、よくてハワイアンみたいなZEPらしくない音になります。もしギター必要なら貸すから。また、ボトルネックはローディ(?)にはめさせるような真似をせずに、自分で装着する事!一瞬、ジミー・ペイジじゃなくて押尾学に見えた(褒め言葉にあらず。傲慢の意)。


・Dazed and Confused
 次以降もやって下さい。凡蔵さんがまだ未消化でした。もう1回やればうまく咀嚼できると思います故。ボウイングや、ギター&ボーカルの絡みの際は事前にポジショニング決めといた方が見た目も落ち着くし格好いい。ご検討を。

・The Rain Song
 ICさん偉いわー。鍵盤デビュー舞台で「天国」聴かせられた時は正直、「わちゃー、こりゃイタいなー」と頭を抱えたんですけど、それもすでに過去の笑い話です。凄い努力。

・Stairway to Heaven
 スタジオバージョンから大きくはみ出さない、というバンドのスタンスをもっとも感じさせる曲。パフォーマンスもだんだん簡略化されてきて、DVDでは食いつきどころ満載の王子、ジミーちゃんのアクションがなしにされて淡々と進行したステージでした。今回凡蔵さんがインプロビゼーションに言及されているので、次回から大きく変わるのではないでしょうか。期待してます。

・Communcation Breakdown
 急な演奏時間変更によって、最後に持ってこざるをえなくなったと解釈していますがどうなんでしょう?

-Immigrant Song(アンコール)
 リズム隊が周囲を固めさえすれば押し切れるナンバーなので突然のアンコールにも余裕で対応、というところでしょうか。バックがとにかくパワフルなFATらしいエンディングと言っていいのかな。この曲は最後にギターソロがくっついている方が客は盛り上がるに決まってるんですが、諸事情からいって今回は贅沢いってもしょうがないかな。

>また次回リベンジですね。
 そこに期待して好きな事を書かせてもらいました。期待してるんだから。



☆FAT@凡蔵さん    2008/09/12(Fri)投稿

ん〜・・・難しい。ご指摘ありがとうございます。
まさにZEPはフリーインプロビゼーション的要素の多いバンドですもんね。
ご指摘は真摯に受け止めて精進します。
ただ、即興をやれる的なたんにだらだらと音数だらけでやってしまう手もあるんですが、ここだけは!!みたいな伝え方はやはり音数減らす必要性もあるのかなともおもいました。

怖いと音をいっぱい詰め込んで弾き倒したり、手数を多くしたりという行動に走りがちですもんね。

また個人的にもリズムトレーニングから頑張ります。ありがとうございました。



☆プラトンさん     2008/09/12(Fri)投稿

>即興をやれる的なたんにだらだらと音数だらけでやってしまう手もあるんですが
 毛沢東の反面教師ならGate'sに格好のがいましたからね。

 その昔、バンドで「幻惑サントラバージョン29分」というのをやった事があります。バンド全員がアタマで解釈していたから構成を飛ばしたり戻したり重複したりとぐだぐだになって冷や汗をかき倒した記憶があります。音数とかよけいな事に気を散らすとだいたい間違えますね。インプロビゼーションとアドリブを混同してしまうと、ろくな演奏にならないというのが私の経験です。


☆ICさん     2008/09/13(Sat)投稿

まずはゆうさん、遠いところからお出で頂きありがとうございます。
Keyお褒め頂いて嬉しいのですが今の所ジョンジーの素晴らしさには到底及びません。
さらにマジソンでのCelebration Dayのジョンジーのプレイはあの時代にこんな事を弾いているなんてと感心せざるを得ません。
プラトンさん、普通中々こういう話は聞けません。ありがとうございます。いやーよく聞かれていますというか分かっちゃいますよね。

なんのかんの言ってZeppelinの4人の才能はあまりに凄くてそう簡単に再現できないのが魅力です。特にリズム隊の魅力は尽きることはありません。ジョンジーは高校生の頃から聞いてましたが今ここ何年か自分で弾いてみて素晴らしさに脱帽状態です。
FATはここに来て少しは音を再現できて来たみたいですが、あの自由なスピリットまで真似出来ていません。今後の焦点はここかなと勝手に思ってます。
これからももよろしくお願いです。



☆ゆう    2008/09/13(Sat)投稿

なんだか酒飲みながらの反省会っぽくなってきましたが次回は納得できる演奏になりますように。期待しています。
ICさんボードでははじめまして、ライヴお疲れ様でした。

>今の所ジョンジーの素晴らしさには到底及びません
ジョーンジーへ道の大きな一歩かと思います。4ヶ月であの進歩は凄い。

>反面教師ならGate'sに格好のがいましたからね
コーヒー吹き出しそうになりました。

凡蔵さんセットリストありがとうございました。今後の課題も焦点化されたところで次回に向けて頑張ってくださいね。その前にお手々を治さないと。


☆マサルさん    2008/09/14(Sun)投稿

ゆうさんプラトンさん、見に来ていただいてありがとうございました。そして貴重な意見も多数ありがとうございました。
ギターがぐらぐらだった理由、実は髪の毛とケープの溶け込んで目に入った汗が…いや、言い訳しません、それも含めて計算に入れてないと一流じゃないですよね…
普通のことしか言えませんが、次回は絶対もっといい演奏にします!ご期待ください!



☆ゆう     2008/09/15(Mon)投稿

ライヴお疲れ様でした。
わたし的にはジャケットが間に合わなかったのが何とも残念。
楽しみにしていましたが
まあ辛口コメントは期待しているからこそですから。次回に向けて頑張ってくださいね。

 

2008年5月29日
☆プラトンさん     2008/05/29(Thu)投稿

博多でのFATのライブ行ってきました。元々リズム隊はしっかりしてるバンドなので、安心して聴けました。

1 Immigrant song
2 Heartbreaker
3 Since I've been loving you
4 Black dog
5 The song remains the same
6 Stairway to heaven
7 Whole lotta love〜Achilles last stand〜We're gonna groove〜Whole lotta love
8 Rock'n roll

マニアックな物言いになりますが、凡蔵さんの太鼓チューニングが以前よりかなりボンゾに近づいてました。つい演奏だけに目が行きがちですけど、事前の準備での努力が分かり、微笑ましい限りです。こと九州では、彼ほどボンゾを研究しているドラマーはいないんではないでしょうか。
 ZEPトリバンを見に行くと本当に楽しいです。楽器弾く人は尻込みせず思い立ったらメンバー集めてやるべきだと思いますよ。私も鼻歌で王子歌いながら帰宅したら、嫁がいきなりクイーンを流しはじめたので掃除をさせられてしまいました。あーあ。

 

☆ゆう    2008/05/30(Fri)投稿

ライヴと帰宅後のお掃除お疲れ様でした。早速レポートありがとうございます。セットリストも。
久々のファットのライヴでしたが、メンバーそれぞれグレイドアップしてて、より本家の音に近づくことが出来たのではないでしょうか?努力のあとを感じました。
リズム隊のしっかりしているバンドは本当に聴いてて心地よいですね。平日で無理していきましたが行ってよかったと思いました。楽しいライヴでした。

>思い立ったらメンバー集めてやるべきだ
そうですね。ZEPの演奏はかなりハードルが高い感じがしますが、まずはやってみることが一番ですね。ライヴ会場でZEPの曲を聴くのは本当に楽しいです。

 

2006年12月23日
☆ゆう 2006/12/24(Sun)投稿

長浜CBにて

FATの博多での人気は凄いものがありますね。
前回もそうでしたがトリのファットのステージが始まると、会場の雰囲気が明らかに変わって、熱気が倍増します。

ヴォーカルの驢馬男さんは水玉の入った黒のシャツ。ネブワースのイメージです。このタイプの服はボディが引き締まって見えると思いました。参考にしたいと思います。
驢馬男さんは1曲歌うと200g減量ができていると言っていました。今後が楽しみです。
マサル君のヅラは見せてもらいましたが、かなり間引きされていて風通しがよさそうでした。
骨折から完全復活。元気のよいジミーちゃんアクションも復活でした。
ただ苦心のジミーちゃん靴がチェックできなくて残念でした。

テルミン初登場。「天国への階段」初演奏とバンドの幅も広がりました。
皆さん、このバンドのリズム隊は凄いですよ。今回ますます強固な砦となっていた感じでした。

セットリストは
1ロックンロール
2ブラックドッグ
3あなたを愛しつづけて
4永遠の詩
5天国への階段
6移民の歌
7ハートブレーカー
8ホールロッタラブ
(encore)コミュニケーションブレイクダウン

 

2006年10月28日
☆ゆう   2006/10/29(Sun) 投稿

大分市の「カンタループ2」のハロウィンパーティーにて
対バンも含めて大変楽しいライヴでした。
私は今回事情があってお酒はカクテル3杯でおさえていたのでよく覚えています!
以前話したはずなのに覚えてない方ともしっかり話してきました。
とりあえずセットリストを

1.Rock And Roll
2.Black Dog
3.Misty Mountain Hop
4.Since I've Been Loving You
5.Stairway To Heaven(featuring IMMIGRANTZ地味ィさん)
6.The Song Remains The Same

ヴォーカルの驢馬男さんのナマ腹を見たのは初めてでしたが、ライヴ中鋏でちょきちょき切りたくなりました。迫力あるヴォーカルでした。
骨折治療中のマッサール君の松葉杖弓弾きが見られるんじゃないかと期待しましたが「幻惑〜」は演奏されませんでした。残念。
リズム隊もしっかりまとまっていて素晴らしい演奏でした。

今回お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。

☆DEBBLIN@凡蔵さん   2006/10/29(Sun) 投稿

昨日のライブお疲れ様でした。
またスペシャルゲストの方にも宜しくお伝えください。
これでもうすっかり立派なミュージシャンです。
真面目に良かったですよ。
どっちがフューチャリングなのかわからないですね。
もう少し、うちらも笑いが取れるようにしましょうかねぇ。
結構真面目にライブしてきてるもんでMCと演奏はギャップが激しい方がうけますね。
MCをちょっと考えたほうがいいかも・・・。
さて、来月は充電期間です。また12月には長浜のCBでやります。
その時にはお披露目できる曲がかなり増えて変わると思います。また頑張りますので宜しくでーす

☆ゆう      2006/10/30(Mon)投稿

ライヴお疲れ様でした。

>真面目に良かったですよ
どうもありがとうございます。本当に私も含めていい経験になりました。
MCっていうのはライヴをやる側には大きなテーマになるかもしれないですね。
まあ、それぞれバンドのスタイルがあるのだから、真面目一筋でもいいのではないかと思います。
次のライヴは12月ですね。詳細が分かったらお知らせください。

 

2006年8月20日
☆ゆう  2006/08/21投稿

行ってまいりました。
さすがトリを務めるだけあってFAT-DEBBLINがステージに立った途端、会場のヴォルテージが急速に上がった感じでした。
初めて見ましたヴォーカルの驢馬男さん、貫禄あるだけに迫力ありますね〜。ダイエット頑張ってね。
マサル君もギターがぐーんと上達したような(素人目ですが)
リズム隊もしっかりまとまっていました。
これからの展開が楽しみなバンドです。
私は今回お酒を控えめにしていたので、驚く事にセットリストを覚えていました。
1.Communication Breakdown
2.Since I've Been Loving You  
3.Immigrant Song
4.The Song Remains The Same  
5.Rock And Roll 
ENCORE.WE'RE GONNA GROOVE

☆マサル@FAT DEBBLINさん   2006/08/21投稿

ゆうさんお疲れ様です!今日仕事だったんですね…。
もっとDEBBもギタープレイも、そしてオリジナルバンドも精進しますので、期待してください!
ありがとうございました!

 

2006年2月4日
☆ゆう  2006/02/05(Sun)

FAT DEBBLINのライヴははじめて生で見ました。
とても技術的にしっかりしたバンドではないかと思いました。
彼らのライヴを遠方でも見に来てくれる方々がいるのがよく分かりました。
「フィジカル〜」からたくさん演奏してくれて嬉しかったです。ありがとうございました。

☆マサル@FAT DEBBLINさん   2006/02/06(Mon)投稿

昨日はおせわになりました!次回のライブもよろしくお願いします!今度またゆっくりお話できるといいですね

☆凡蔵@FAT DEBBLINさん   2006/02/06(Mon)投稿

ゆうネエさん、おばんやすぅぅ・・。
土曜日は不良少女深夜徘徊記録達成おめでとうございます。
それと呑んだくれ同好会ライブとジョン爺オンステージへようこそご来店くださいました・・爆。
いや〜ほんと楽しかったです。周りには目を合わせたらいけない大人たちに囲まれてまして、ナイスなキャストにナイスなハコでライブできましたこと光栄でした。
また、是非ライブにお越しくださいませ。

 

☆akinobuさんより  2005/11/03(Thu)投稿

初めてDEBのライブを見たのは佐賀の「RAG.G」(初めてのライブハウス)でそれから大分、佐賀、鹿児島、福岡と見に行かせていただきました。
僕はB'zのコンサートくらいしか行ったことなくて初めて見るアマチュアバンドのライブということで少し緊張気味でした。

Led Zeppelinというバンドは知ってはいたんですが移民の歌と天国への階段くらいしか知らなくてそんなにLed Zeppelinには興味なかったんですが初めてFAT DEBBLINのライブを見た時に何か鳥肌が立ちっぱなしになり一瞬で僕を夢中にさせてくれた存在です。
それだけ彼らのパワーに引きずり込まれました。
DEBのライブ後は必ず車内でZEPを流しては一緒に行った友人達とDEBの話題になります。

元気がない時なんかは必ずZEPを聴きながら彼らのライブを思い出し元気を取り戻して明日への原動力に繋げている状況で、それでも満足しない場合は、大分と鹿児島へ行ったときに撮ったDEBのライブビデオを見ます。

ライブがあればできるだけ行きたいッスね。(問題は金次第...)
それだけ元気をくれるし勉強にもなるんで一石二鳥です。
色々と大変でしょうが、是非!更なる飛躍を今後祈ってます。

今度は天国への階段とかHot Dog、Sick Again、Night Flightなども見てみたいですね。

FAT DEBBLIN最高!!

 

2005年10月30日
☆FAT DEBBLIN凡蔵さんより   2005/11/01(Tue)投稿

地元博多天神のライブハウス「ブラックシャーク」でライブしてきました。
今回はFAT DEBBLIN結成半年を迎え、7回目のライブになりました。
いつも応援して下さってありがとうございます。この場ではありますが、手前共メンバーのアホどもに成り代わり、あつく御礼申し上げます。
さて、我々、今までの6回を数えるライブはいずれも県外(佐賀・大分・鹿児島)での出演でしたが、やっと初の地元福岡でライブすることになりまして・・。
そりゃあもうメンバーの気合の入れ方は違いましたね。殺気立ってましたある意味・・・。
ともあれ、ライブ自体は大成功!!!!楽しかったし、燃えた!!お客の反応もこれまでになく盛り上がった。
お客の中で特に2名の男性(ぜっぺらー45歳・ぜっぺらー39歳)にはすこぶる影響を与えれたことを実感した。
あれだけ絶賛されたら私を含め、アホ共は勘違いしてしまいそうなくらいの誉め殺し状態で、久々に・・・
「あ〜ん頭の中にタンポポがぁ、あ〜っお花畑!わぁ〜い蝶がとんでるぅ〜キャハハ・・凹」
・・みたいな誉め殺されて頭の中がマッタリ状態に全員がなってました。

 

2005年10月15日
☆FAT DEBBLIN凡蔵さんより   2005/10/17(Mon) 00:37投稿

いや〜疲れました。
行きも帰りも運転しましておまけにライブ後に打ち上げしたのはいいんですが、うちらを見に来てくださったお客さん達と朝二時近くまで居酒屋で過ごしたんですよ。
そのあとダイレクトに福岡へ戻りましてヘトヘトでした。体は痛いし歳にはかてません(T_T)
さてライブの方はというと…出来はあまり良くなかったんですが、気持が前に出せたんで楽しかったというのが本音です。あとは課題として演奏の精度を上げるのが一番ってとこですねo(^-^)o
でも何より嬉しかったのはうちらが玖珠町の野外をやった時に佐賀県の鳥栖から見に来てくださったお客さん二人が鹿児島のライブも見に来て下さったのには驚いたのと感激で胸いっぱいになりました。ありがたいことです。
精進して次回はもっと楽しんでいただけるように頑張ります。
鹿児島はなんか人も気温もあったかいなぁと感じました。
お客さんもノリにくいナンバーによく反応してくれたんで助かりました。

2005年10月1日
☆FAT DEBBLIN凡蔵さんより   2005/10/02(Sun)投稿

フロンティアのライブ終了しました。
今回はライブが土曜ということだったんだけど木曜金曜と仕事で出張して関東一都三県をかけずり回って、足が棒状態になってたんですがそのおかげでかなり膝に負担がかかってしまいましてf^_^;
私は移民地味ィ〜さん達とあったときにも話したんですが、酒の飲みすぎで若い頃より痛風と糖尿と厄介な病気と戦う身でして、このどさまわりで足に負担がかかったのがライブに影響しなければ…と不安一杯でした。

やはり、不安は的中し両膝に痛風発作による痛みに耐えながらの演奏となりました。(涙)
当然良い演奏は出来なかったんですが、なかなかマイセットを持ち込みライブに挑むことは滅多にないんですが、今回は自前のボンゾ同様24ライド15HHのサウンドエッジと16〜20クラッシュやクラッシュライド含むオール2002シンバルセットに最近手に入れたブラックビューティーとスビードキングにラディック26発もライブに持っていきぶちかまして参りました。
対バンのドラマーの人も私のセットで叩いてましたがやはりそこはボンゾならではの26発です、簡単に抜けた音を出せるほどではないということをキックを蹴って思いしったみたいでしたね(*^_^*)
まさにしてやったり…という感じでした。
自分では納得できないまでも多少なり最近命日だったボンゾの偉大さを布教できたことだけでも満足いくライブになりました。

 

2005年9月24日
☆FAT DEBBLIN 凡蔵さん   2005/09/26(Mon)投稿

大分県の玖珠町畑のコンサートのイベント無事終りました。
それは、なんとも山奥の・・あたり一面は畑ばかりの中にひときわ目立ったでかいログハウス。
そのオープンデッキなるところが俗に言うステージとやらでした。
いつもハコでやる僕らにとっては凄く新鮮で、自然に囲まれた環境ですごくリラックスしてライブが出来ました。

でもそんな山奥の畑しかないような場所に皆さんは車で乗り付けて見に来てくださったんで感激しました。

バンドとしてはうちら含めて全部で6バンドでましたが、うちらは2バンド目でした。ジャンルも色々でフォーク・カントリー・ロック・ブルース・ハワイアン・・などなど、過去に経験していないようなブッキングでした。
いい意味いろんな音楽の楽しさを体験できた機会でたのしかったです。

また薬院にボニータというタコス屋があるんですがその店も出店してたり顔なじみの人がいたりとライブ以外の楽しみもたくさんありましたよ。

お客もどうだろう・・200人はいたでしょうね。

しかもこの玖珠町にはジモティーで有名な陽気なアメリカ人「ジェフリーリンク」という素敵なアメリカンがいましてすっかり仲良くなった僕らは、ジェフリーをセットリストのラスト曲のロックンロールの時にロバートプラントになってもらうことにしまして・・・ウケましたよ。これは。
さすが発音がパーフェクト!!
ただジェフリーから「じゃあ客席から俺が登場するときにはモビーディックで入場させてくれと頼まれ急遽モビーディックやるはめになったり・・・そりゃ大変でした。

僕らのあとにも博多でご活躍の岡部鉄心さんのブルースバンドなど凄い人達がいましたよ。

また来年もオファーあれば是非出たいです。
今回のライブでは地元の人達の暖かい心と豊かな自然、そんな中で本当の意味での音を楽しむということを勉強した感じです。

☆おでんさん  2005/09/27(Tue)投稿

いやぁ、ファットデブリンのライブ大変楽しかったですね。
最初のバンドがフォークトリオ、そのあとの順番は結構辛かったんではないですか?笑
見てる側としては楽しかったし、なにより40代後半の僕らにはたまらなく懐かしい歌ばかりでしたね。
ジェフとボーカルの掛け合いも楽しかったし、ほかのバンドの中ではひときわ元気な音で本当に楽しかった。
また来年も来いよ。期待してるぞ。ちなみに覚えてるか、私はボーカルとドラムの彼たちに話しかけたおじさんです。

 

2005年8月21日
☆FAT DEBBLINさん  2005/08/23(Tue)投稿

佐賀RAG Gライブ終りました。
さすがに疲れました。
今回はあまり良い出来ではなかったんですが、徐々に布教活動の成果がお客のライブ後の反応でわかります。
本当にありがたいことです。

☆ともさん   2005/08/23(Tue)投稿

日曜にFAT DEBBLINさん達のライブ見ました。かっこ良すぎ(^з^)-☆Chu!!ほんとは他のバンドの応援で来てたんですけどf^_^;何曲目だったかな…ブルースの曲で「愛し続けて」という曲だったと思うけどあのボーカルの声とギターとベースの熱い音に後ろから追い掛けてくるようなドラムの音の大きさは圧巻でノックアウト状態です。移民のうたくらいしか知らなかった私にとってはすごい不思議でアグレッシブな演奏にはまりました。大人のロック、ブルースを聞けて最高に良かったです(*^_^*)また見に行きます。頑張ってください。

 

2005年8月13日
☆FAT DEBBLINさん  2005/08/16(Tue) 投稿

佐賀のライブ一本目おわりました。

盆中でしたが予想通りのお客の少なさ・・・ですが、熱心に見てくれた方々もいてありがたさを実感したライブでした。
ハコもいつものようなライブハウスとは違い、生音でやったのでドラムの私にとっては過去最大の音を出すためかなり暴れてきた次第です。
スティックは吹っ飛ぶし、仕方ないのでボンゾまがいの手ドラムも繰り出しまして・・・おかげさまでかなり手が痛いです。シンバルを手で叩くのはやはりかなりきついですね。苦笑。

 
 


みほさん      2005/08/08(Mon) 投稿

あの〜ぅ福岡のトリビュートバンドのファットデブリンは福岡じゃないですよね。
張られてるリンク見たんでHP覗いたんですが鹿児島でライブしてた時ドラムの方見たことあります。面白いですよ。
居なくなったと思ったら福岡で頑張ってるんだなあと分かりました。
私より随分おじちゃまなんだけどボンゾに似てますよこの方は(笑)バンドネームやメンバーは変わってらっしゃるようにおみかけしましたが。
また情報あれば教えて下さいo(^-^)o遠くから応援してまーす







by  ゆう

inserted by FC2 system