CINNAMON名古屋


2013年8月18日
☆The F さん      2013/08/23(金)

日曜日に福岡の”Gate's7”で行われた”シナモン”のライブに行ってまいりました
今年、ボーナムさんがお亡くなりになられ、いささか今後の活動が不安視されていたシナモンさんでしたが、先ずは、こうして音楽活動を続けて頂ける事となり感謝したいと思います!!

今回のライブは、ドラムにサポートとして”カナメちゃん”という方が参加されてました
サポートとはいえ、何といってもシナモンさんのドラマーですから腕前の方もなかなかのモノ 特にスネアの音の良さと、アップテンポのナンバーでの疾走感溢れるドラミングはこちらの予想以上でした(しかし、シナモンのドラマーの方って、歴代の方も含め、皆さん実に右足が良く動きます 凄い!!)

前半は、「狂熱のライブ」でお馴染みのメジャーな曲がズラリ 後半はマニアックなナンバーがテンコ盛りという楽しいライブでした 
個人的には、多分シナモンさんのライブでこの曲を聞くのは20年振りかな?の「テン・イヤーズ・ゴーン」
ジミーさんの、スライドによるソロが美しい「タンジェリン」が良かったです 
それと”zoso ledzep4yyさん”の、ダンエレクトロが大活躍の”ホワイト・サマー〜ブラックマウンテン・サイド & カシミール”も印象的でした(パンダギター・・・相変わらずいい音してましたよ)



☆zoso_ledzep4_yyさん    2013/08/23(金)

>パンダギター・・・相変わらずいい音してましたよ

トリビュートバンドなんて言葉もなかった1987年の夏、名古屋のELLで初めてZEPの疑似ライブ体験をしました。
感動の反面、ショックも受けて“もう、ジミー・ペイジのコピーなんて止めよう”ってお譲りしたんですよね・・・・

活動期間は永く、スタートは1972年10月9日ZEP大阪フェス公演を観たJIMY氏がJohn-G氏(この二人のみ不動のメンバー)と「CINNAMON」を結成して今に至ります。
お会いしてJIMY氏にお話を聞いたところ、今みたいに情報も何もない時代にあって、 LED ZEPPELIN 再現バンドを目指すべく鍛練されたことは・・

1.テレコ持ち込みで録音した大阪フェスのライブやその他LPブート(ブルーベリー、マッドスライド、シアトル等)をテープに落とし、再生速度を遅くしてギターフレーズを耳コピした。
2.ギターフレーズ的にはコピー出来たのに機材的に同じ音がしないのでギター、アンプ、エフェクト、ドラム、キーボード等、全てご本家と同じ年式の楽器を購入した。

私にとってCINNAMONはZEPトリビュートバンドの中でも日本人としてメジャーリーグに初挑戦した野茂英雄氏みたいな存在です!(何故、松○秀○氏が国民栄誉賞??)

>今後のCINNAMONの活動ですが、残されたメンバーで話し合った結果,
 更に何人かのサポートメンバーの力を借りつつ、
 出来る限りツェッペリンライブを再現する活動を続けていくことにいたしました。=CINNAMON Mg ピーター平野

また近くでライブがあったら必ず観に行こうと思っています!応援しています!!



☆まうちゃん  2013/08/26(月)

CINNAMONのLIVEは95〜98年頃に旧ELLへよく観に行ってました!
ドラムは凡造さんの時代。

CINNAMONを知ってからZeppelinを知り、それからどっぷりとZeppにハマりました。

Zeppelinにハマると、やっぱりZeppの生音を聴きたい!という願望があって、CINNAMONはそれをバッチリ満たしてくれました。楽器類が豊富ですし演奏もマニアックで大満足!

凡造さんはZeppの小ネタ・豆知識を色々披露してくれていたので、そういう部分もLiveの楽しみでした。

最近は観に行っていないですが、Cinnamon頑張って欲しいです!
o(゜▽゜)o

ついでに。凡造さんも出演していた謎のツェッペリンTV番組の動画を発見致しました!

http://m.youtube.com/watch?v=pxNsLuEzjcc&p=Y2CMUujUZqmTp7_Uegdm0DXAG0nT0xuv&client=mv-google&gl=JP&guid=&hl=ja

>本家と同じ不幸に遭ってしまったシナモン・・・ボーナムさんの訃報を知った時は、正直かなり心配しました
「メンバーの死→解散」・・・を一瞬連想してしまったのですが、ホント活動を継続して頂ける事に感謝したいと思います

ライブではMCなどでも、特にボーナムさんの事について触れる事はありませんでしたが、物言わずして多くを語るという事か、その気迫の籠った演奏から「メンバーの死という痛みを乗り越えて活動を続けて行こう・・・」という強い意志みたいなものを感じ取る事が出来ました

>ジミー・ペイジのコピーなんて止めよう・・・私も同じ状態でしたよ 1・988年、渋谷のエッグマンで初めてシナモンのライブを見たのですが
「もうツェッペリンのコピー・バンドなんて恥ずかしくて出来ない」・・・まぁバンドで2、3曲遊びでやるんならともかく、ZEPP専門のコピー・バンドは止めようと思いました

これを友人(ベーシスト 結構上手い)に話したら
「いやいや、シナモンはプロだよ〜!!」と明るく答えてましたが・・・(つまりあれはプロのバンドだから、俺たちアマチュアとは全然レベル違う存在なのでそこ迄気にする必要はない・・・と言いたかったみたいです)

>謎のツェッペリンTV番組・・・フジTVでオンエアしていた「レッド・ツェッペリン」ですね 私もこの番組は大好きです 90年代の初頭は”シナモン”さんもちょこちょこTVに出られてましたね 確か教育TVでもシナモンを見た覚えがあります あの頃はプロのギタリストの人達・・・エース清水さんとか大谷玲文さんが絶賛していた様に記憶しております
因みに、90年の中野公会堂でシナモンを観た時は
山本恭司さんが会場にいらしてましたよ

教育テレビの「ファイト」という番組にCINNAMON出演されていましたね。ビデオ録画して何回も観たので内容は覚えてます。

司会はルー大柴とちはる。
その回の内容はコピーバンド大会で、QueenのコピーバンドKWEENとかすかんちのコピーバンド、オフコースのコピーバンドなどが出ていました。

CINNAMONは大会には出ておらず、コピーバンドのお手本的な立場でVTR出演されていました。

「究極のコピーバンドとは何か?その答えは名古屋にある!」とナレーションが流れCINNAMONのコーナーがスタート。

CINNAMONの所有する練習スタジオ(たぶん三重県にあるアジト…たぶん。)で、Communication breakdownを演奏する様子が映されていました。vocalはROBARTさん。

次にBGMにWhole lotta〜が流れ始め、CINNAMONが二度目の来日から結成されたことなどナレーションで紹介されていました。

次にBGMがOut on the tilesに変わり、楽器類や衣装、Bootlegレコードの映像が流れていました。

それからJIMYさんがオープンリールでIn my time of dyingのLiveのリフを何度も繰り返し聴きながら、凡造さんと「ここはビーじゃないですね。アーですね。」とか言いながら音を拾っていました。

最後にCINNAMONが練習スタジオでStairway〜を演奏している様子が流れVTR終了。

画面が切り替わりルー大柴がエース清水さんに感想を聞いていました。

エース清水「いやぁ、凄いね。今の若いやつらはTAB譜を買ってきて簡単にコピーしてるけど、耳で聴いてコピーするって凄いね。」

こんな感じの内容でした。

ファイトの動画発見しました。

http://m.youtube.com/watch?v=EbJ4qQB2ZfM&client=mv-google&gl=JP&guid=&hl=ja

7:58くらいからCINNAMON出ています。
本当はもう少し長いCINNAMONのコーナーですが、この動画はコーナー前半部分が編集でカットされていました。



2012年8月18日
☆ゆう      2012/08/19(Sun)

昨夜gate's7にて。
前半は73年王道ものと思われましたが、休憩後の後半は初期ものが続き、そしてアキレスあり、モビーディックはいつもより長く演奏され、アンコールも2回ありで終わってみたら10時近くになってました。
お客さんのノリもよくて楽しいライヴでした。
会場でお会いした皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。



☆yukiさん    2012/08/19(Sun)

昨日はお疲れ様でした。ご挨拶できて嬉しかったです。
お盆恒例のシナモン観戦でしたが、大変盛り上がって楽しかったですね。JIMYさんは往年のキレがありました。(個人的にはそろそろ白い衣装を期待したのですが)



☆ゆう       2012/08/20(Mon)

ライヴ参戦お疲れ様でした。会場ではお世話になりました。
JIMYさんかっこよかったですね。7月の大阪は白ドラだったそうですよ。次回に期待しましょう。



☆ミッフィーさん   2012/08/24(Fri)

Gate'sライブから1週間経ちますが、未だ冷めやらずです(^^♪客席が大盛り上がりためか、メンバーの皆さまもいつもに増してノリがよかったように思います(^^)ゆうさんにもお会いできて嬉しかったです\(^o^)/ありがとうございました(^人^)



☆ゆう        2012/08/25(Sat)

遠くからライヴ参戦お疲れ様でした。シナモンライヴではミッフィーさんとお会いできるのも楽しみです。会場ではお心遣いありがとうございました。おかげで新たな出会いもありました。



2012年6月16日
☆キッペイさん   2012/06/18(Mon)

名古屋へシナモン見に行ってきました。何というか「別格!」でしたね。
プロの方も見に来るってのが分かる気がします。
DVDも販売していたので買って帰り、家で映像を穴が開くほど見ながら、
この演奏の数パーセントでもいいから弾けたらなぁ〜と、ギター片手につぶやいております(笑)。
素晴らしいライブでした !また行くつもりです。



2011年8月14日
☆The Fさん   2011/08/15(Mon)

こんばんは!! 先程,福岡市の”GATE7”で行われた、”シナモンさん”のライブから帰ってまいりました!!
私にとっては、ほぼ一年ぶりとなる、シナモンのライブ!!簡単にではありますが、ライブ・レポートの方を書き込み致しますので、一つお付き合いの程宜しくお願い致します・・・

定刻の6時を少し過ぎたあたりから、ライブがスタート!
最近のライブでは、”ロックン・ロール”か”永遠の詩”がオープニング・ナンバーになる事が多かったので、「今回はどうなのかなぁ・・・」などと考えていたら、またも、”ロックン・ロール”からスタート!!
「あぁ・・・やっぱり上手いなぁ・・・カッコイイ」などと、うっとりとして聞いていたら、ドラムの人がいきなり、スティックを落としたりして、何やら波乱含みの幕開け。
続く2曲目の”シック・アゲイン”でも、スティックを落とされたりして、最初の2曲に関しては、少々とっちらかった感じの演奏ではありました。
まあ、そんなライブならではのアクシデントもZEPPっぽくて良いのですが(笑)

3曲目と4曲目は、”ミスティ・マウンテン・ホップ”に”貴方を愛し続けて”という、狂熱のライブでお馴染のメドレー
この、”ミスティ・マウンテン・ホップ”!シナモンのライブで聴くのは、初めてでして、これは中々新鮮でした。
しかし、PAに問題があったのか、奈何せん”エレピ”の音が余り聞こえなかったのが、少々残念・・・
続く、4曲目の”貴方を愛し続けて”でも、今一つ”エレピ”の音が聞こえなかったのですが、反対にこの曲では、”JOHN−G”さんによる、足鍵盤(ペダル・ベース?)の演奏が実に見事で、これは素晴らしかったです(音も良く聞こえたし)

5曲目と6曲目は、”永遠の詩”と”レイン・ソング”
この頃になると、演奏の方もかなり纏まって来た感じになり、お客さんの方も、”ヒート・アップ”しているのが良く解りました、 FELL SO GOOD!!

その後、10分の休憩を挟んで、後半は何と”ダンシング・デイズ”からスタート(この曲をシナモンのライブで聴くのも初めてです)
”へぇ・・・、珍しいなぁ・・・”などと考えつつ
次の曲は、”ホワイト・サマー〜ブラック・マウンテン・サイド”そして”カシミール”というこれまたZEPPファンにはお馴染のメドレー!!
この、”カシミール”とその次のナンバー”モヴィー・ディック”に関しては、ドラムの演奏に弾きつけられました!!
特に、”カシミール”のエンディングは、メンバーの方全員の一体感みたいなものが、凄かった!!
個人的には、この曲が本日のハイライトでした。

こっから先の、”天国への階段”、”胸いっぱいの愛を”、”ブラック・ドッグ”、”移民の歌”そして
ラストの”コミニケーション・ブレイク・ダウン”に関しては、もう私が一々説明するのは、野暮な程の”名演”でしたので、あの・・・”ああ、凄かったんだろうなぁ・・・”とでも想像しておいてください(すみません)

全体として、2時間弱位の少々あっさり目の感じのライブではありました。出来れば、”幻惑されて”、”アキレス最後の戦い”、”死にかけて”辺りのナンバーも是非聞きたかったのですが、まあこれは次のライブ迄のお楽しみという事で!!
それにしても・・・
ラストの”コミニケーション・ブレイク・ダウン”!あれは、
71年、9月29日の大阪のバージョンだったんですかね・・・微妙に違う様な感じもしたけど、まあ格好良かったのでいいのですが(笑)

”ゆう”さん、”FAT”のメンバーの皆様お疲れ様でした!!
今度、福岡に行った時はまた相手してください(笑)



☆ゆう  2011/08/15(Mon)

シナモンライヴ、お疲れ様でした。
遠路お越しになっただけでなく、帰宅後、早速レポートしていただき、お疲れのところをありがとうございます。
ダンシング・デイズは私も初めて聞いたので嬉しかったです。
リズム隊には、ただただ圧倒されました。最近の疲れがまとめてどこかに飛んで行った感じです。
ギターは凄く、ヴォーカルは艶っぽく、そしてバンドの一体感は素晴らしく観ていて心地よかったです。
お客さんも盛り上がってて、楽しいライヴでしたね〜。

THE Fさん、会場で出会った皆様、どうもお世話になりました。
心残りといえばライヴ前に行った海の幸を食べさせてくれるお店がイカを仕入れてなかったことです。呼子ヤリイカが目玉の店なのに・・・またtryします。



2010年8月21日(福岡)22日(熊本)
☆The Fさん   2010/08/25(Wed)

先週の土、日”福岡と熊本”で”シナモン”のライブを観て来ました。福岡で”死にかけて”、熊本で”カシミール”を演奏しましてね。”zoso_ledzep4_yy ”のダンエレクトロ、非常にいい感じで響いておりましたよ!!


2010年5月22日
☆zoso-ledzep4yyさん   2010/05/24(Mon)

 一昨日は13年ぶりにシナモン大阪公演へ行ってまいりましたが当時と容姿変わらず、その還暦近い年齢?(失礼)をも全く感じさせません。
作品「1」〜「Physical Graffiti」間の楽曲、全15曲2時間強にわたってどの時期においても見事に当時の演奏を再現する彼らのパフォーマンスを目の当たりにし、 ご本家の演奏力が年々と低下していったのが残念ですねえ〜


2010年2月20日
☆トキハさん   2010/03/21(Sun)

2月大分のシナモンのライブにいったのですが大変素晴らしかったです。で、こんなものがありました。http://www.youtube.com/watch?v=r2SLtbXc_Cgロックンロールってカッコイイですね





2009年8月16日
☆ゆう   2009/08/17(Mon)

福岡中洲MSG(めっちゃ素敵なGate's7 )にて。ライヴ前には「アントニオ猪木酒場」にて燃える闘魂を注入して参加しました。

その甲斐あってエネルギッシュな初期もの中心。後期はアキレスと俺の罪の2曲でした。Rock And Rollから始まるライヴは73年?ジミーさんも月星パンツだしと思いましたがBring it on home Lemon song Good Times Bad Times と渋い曲、目白押しでした。Bring it on homeのリズム隊とのかけあい、パーシーさんのハーモニカかっこよかったです。
あっという間でしたが圧倒されまくりでした。

2009年2月28日
☆The Fさん   2009/03/01(Sun)投稿

昨日の大分での、シナモンのライブ凄かったですね!!
九州に戻ってきてから、4回目のライブになるのですが、今まで見た中では一番良かったと思います。

今回は、音のバランスも良かったし、何より選曲も素晴らしかったですよね。まあ、個人的には、”幻惑されて”を是非聞きたかったのですが・・・これは、次回の楽しみという事で(笑)

アンコールの盛り上がりも凄かったですよね。あの ダイブされていた方、大丈夫だったのかな・・・(着地に失敗されてたみたいでしたけど)あんな演奏聞かされれば、無理ないと思いますが

ゆう様も遠くから、御苦労さまでした。おかげ様で、昨日のライブ、色々な意味で楽しいひと時となりました。

また、次の九州地区でのライブ楽しみですね。




☆ゆう   2009/03/02(Mon)投稿

THE Fさんも遠くからライヴ参戦お疲れ様でした。おかげさまで楽しく過ごしました。

演奏素晴らしかったですねー。最高の夜でした。
後期中心でマニアックっぽい選曲でしたが、フィジカル〜好きな私は大変嬉しかったです。
メンバーの皆さんも楽しそうな感じがいたしました。
アンコールではヒット曲オンパレードでしたね。
しかも2回やってくれましたし。2回目は予定外な気がいたしますね。お客さんの盛り上がりに応えてくれたって感じです。
「ロックンロール」とリクエストし続ける声を最後に叶えてくれたし。
最近のシナモンは演奏日にこだわりがないのだなあと納得。

シナモンに詳しい方にどうしてバンド名からリハビリテーションを取らないか聞いたら、「納得いく演奏ができるようになるまでは外せないのだそうです。」と。ここまできてもバンドはまだまだ進歩すべきと思っているのですね。凄いです。

>ダイブされていた方
私もびっくりしましたが・・・頭床で打ってそうな。
でもすぐ起き上がって踊ってたから大丈夫なのでしょうね。

何だか一生分の関アジ関サバ食ったような気がします。あと1年は食べなくてよさそうです。秋には福岡に来てくれるでしょう。楽しみですね。



2008年9月20日
☆The Fさん   2008/09/27(Sat)投稿


福岡で行われた”シナモンさん”のライブの感想を書いてみたいと思います。
私個人が、感じた事なので、観に行かれた方には、”それは違う”とか、”そんな事はなかった”と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、そこは一つご勘弁を。
開場が、6時半、開演が7時と、ほぼ予定通りにライブはスタート
しました。
しかし、何と言ってもびっくりしたのは、”ドラム”の方が松葉杖をつかれて、ステージに現れた事。この瞬間、”演奏の方は大丈夫なのか?”という疑問が頭をよぎったのですが…
いざ、”ロックン・ロール”から、演奏がスタートすると全く問題なしでした。ここに、先ず驚かされましたわ!
御馴染みのナンバーが、続いていったのですが、前半のハイライトは、やはり”レモン・ソング”であったと思います。
前回観た、”大分”での演奏も良かったのですが,今回はこの曲のポイントである、”ベース”の音が良く聞こえてきた分、福岡での演奏に軍配が挙がるかと(笑)
この日の、ライブでは スウェ−デンから取り寄せたという"メロトロン”の音が非常にいい感じで響いておりまして、”レイン・ソング”、”カシミール”といった楽曲には、この楽器の音は欠かせないとの思いを新たにしました。
以前(20年程前)に、シナモンさんのライブを観た時は、MIDI(恐らくYAMAHA製だったと思うのですが)で対応してらしたみたいでしたが、やっぱり ”メロトロン”の独特なちょっと、儚い感じの音が個人的には大好きです。
ライブ後半では、”カシミール”〜”アキレス・ラスト・スタンド”が ハイライトであったように思います。
特に、”アキレス”は、福岡での演奏は2年振りくらいになるのでしょうか?間違いなく、場内の空気が3度位は上がったように感じました。
ラストの”天国への階段”、アンコールでの ”胸いっぱいの愛を(狂熱のライブバージョン)における盛り上がり方はもう言わずもがなの状態でして…立ちあがって、踊ってらっしゃる方もいらっしゃいました。
ドラムの方が怪我をされていたという事もあってか、アンコールは一曲のみ。全体的に見れば 前回観た”大分”や 昨年の”福岡”と比較するとややあっさり目のライブではありましたが、物足りないという感じはありませんでした。
ただ、問題があるとすれば ややPAの状態がよろしくなかったみたいでして、ボーカルの音が割れ気味になっていたのも事実。
特に、アップテンポの曲になると、ギターとボーカルの音が妙な絡み方をして、何を歌っているのかも良く解らなくなる瞬間がありました。まあ、座席の位置が悪かったのかもしれませんが、これは今後の課題といえるでしょう。
恥ずかしい言い方になるのですが、”シナモン”さんのライブというのは とても”ライブ”での空気が暖かいですよね。
それは、いつ観に行っても感じます。
本当に、”ZEPP”を好きな人が観に来て、演奏を心から楽しんでいる…というのかな?
私の左側には、20代位の女性の方、右斜めには、50代前半とおぼしき男性の方がいらっしゃたのですが、お二人とも、終始”ニコニコ顔”でステージをご覧になってたのが印象的でした。
興味のない人からすれば、何とも”ヌルイ”空間なのかもしれませんが…
私は、このヌルさ結構好きです(笑)


2008年4月29日
☆CINNAMONさん   2008/04/30(Wed)投稿

The Song Remains The Same
The Rover ~ Sick Again
Black Dog
The Lemon Song
Dazed And Confused
Four Sticks
Gallows Pole
Ten Years Gone
All My Love
In The Evening
Achilles Last Stand
Moby Dick
Stairway To Heaven
(1st Encore)
Wearing And Tearing
Immigrant Song
(2nd Encore)
Good Times Bad Times
Rock And Roll

行かれた方、いらっしゃいますか?

 

☆LiZaさん    2008/05/02(Fri)投稿

行きました!相変わらず上手い演奏で大満足でした。あれだけ上手いと、ZEPファンではなくても納得してしまうみたいで、今まで同行した友人、家族は皆、楽しんで感激して帰りました。会場で貰ったチラシに、メルマガ(シナモン通信)始める、とありました。登録には空メールを下記へ送れば良いとの事です。

cft@fiberbit.net

 

2008年2月23日
☆ゆう   2008/02/24(Sun)投稿

いやー凄い演奏でした。
そんなにシナモン場数踏んでるわけではないですが(しかも九州限定)、私が行った中では今回一番お客さんが多くて盛り上がったライヴだったと思います。
再結成の影響でしょうか。

JIMYさんやPer−C さんのお衣装やロックンロールから祭典の日に流れるあたりで73年MSGかなって感じでしたがプレゼンスから2曲、レモンソングもアコースティックセットもありーので。
シナモンのレモンソングは初めて聴いたような気がしますが、これは痺れました。この曲を聴けただけでも行ってよかったです。

「ノークオーター」「モビーディック」と見所満載でしたね。
ZEP本人達の演奏はなかなか観れないですがZEPの演奏は日本でちゃんと聴けるなあと感じました。

☆The Fさん   2008/02/24(Sun)投稿

熊本在住の”The F”です。私も、昨晩 大分でのライブを観させていただきました。
素晴らしかったですね。今回は、割りとじっくり聞かせる感じのナンバーが多かったですが、アンコールでの、”ハート・ブレイカー”、”ホール・ロッタ・ラブ”、”そして、”アキレス”、
”移民の歌”は、もう涙ものでした!!
お客さんも、盛り上がってたよな〜
次の、福岡でのライブ待ち遠しいですね。

☆The Fさん  2008/02/25(Mon)投稿

大分までは、少し時間がかかるので、一瞬 見に行くのを躊躇したのですが、やっぱり観に行って大正解でした。
本当、いいライブでしたね!!
おじさんとしては、お客さんに若い人が多かったのが、うれしかったです。 シナモンのライブは、これで4回目ですが、追っかけやってる人の気持ちが良くわかりました。

 

2007年10月13日
ROCKパラダイスの管理人さん 2007/10/16(Tue) 投稿

CINNAMON金沢のライブに行ってきました、ウワサと期待とおり完璧ですね!!実はZEPを武道館で見たときは音響もそれほどドカーンと来たわけでもなく、ステージまでの距離感などもあって不完全燃焼だったのです。

ライブハウスだったのですごく良かったです。

それにしても演奏がうまいですね、本物がライブハウスでやるとこうなるのかな?と思いつつ見ましたが個人的には本物よりアンサンブルにメリハリがあったと思います(本当です)。

ギターの人は顔まで似ていたので笑っちゃいました。

 

2007年6月29日
☆ゆう    2007/06/17(Sun)投稿

今回、福岡では初めての会場というか会場のGate’7が出来たのが最近でオープンを飾るライヴの一つだったようです。
はじめてのお客さんだから「映画かな?」みたいな話をライヴ前にパスタを食べながらやっていたのですが
映画でした。

アコースティックセットではJohn-Gさんがトリプルネックを裏も披露してくださいまして、トリプルネックが入ると本当に豪華な感じがいたしますね。
演奏は素晴らしいし、初めての会場なのにお客さんも大変盛り上がって楽しいライヴでした。

ライヴの後、私は帰ったのですが、ご一緒した方々が屋台で盛り上がったかと思うとそれが悔しいです。
福岡でお世話になった皆さん、ありがとうございました。

☆オニヨメさん    2007/06/19(Tue)投稿

ゆうさん、博多ではお世話になりました。
また、福岡でお世話になった皆様、ありがとうございました。
楽しかったですね。会場もおしゃれな感じでした。
ライヴ後は、ゆうさんも参加していたら、ライヴみたいにガンガン盛り上がったと思いますよ。
また、都合がつけばご一緒しましょう。

 

2007年4月29日
☆ヘヴンさん   2007/04/30(Mon)投稿

ゆうさん 行ってまいりました。29日渋谷です。
日帰り強行スケジュールでしたが、アンコール終了最後まで聴いてこれました。

初めてのシナモンライヴは娘と同行しました。ライヴ終了後、ツェッペリンを聴いたことはある彼女ですが、やはり生で聴いた演奏に衝撃を受けたのか「全部聴いてみたくなったよ、ツェッペリン」との感想。啓蒙活動成功ですワ。
私はといえば「Dazed〜」「Since I’ve〜」「Thank You」に魅せられて、12弦のアコースティク「Tangerine」、マンドリンの美しい響き「Battle of Evermore」が今も耳に残っています。

満ち足りた気持ちで最終の新幹線で帰途につきました。
明日からもがんばろっと。

☆AQUAさん   2007/05/01(Tue)投稿

をを〜〜!!ヘヴンさんも行かれてたのですか?!
私も、初 cinnamon 参戦しましたよぉ♪>渋谷 O-WEST
しかも、最前列・ギター前に座れましたっ!!( *≧艸≦)

アンコールは観なかったのですが、とても素晴らしいライブでした♪

「Battle of Evermore」でしたっけ?最初、 3neck Guitar の音が出てなかったのは…。(;^_^A
サイン入りのレア物でしたね〜〜♪(≧∇≦)

さすが、大御所と呼ばれるだけあって、綺麗な音が心地よかったです♪…心地よすぎて、ちと睡魔に襲われたのは内緒。(爆)

載せて良いものかと悩んだのですが、自分なりの感想を…。(^ ^;)ゞ

初めて観る、cinnamonです♪
事前にHPで、どんなバンドなのか?と調べてみたのですが、 (私が見たHPは、ここっ!!→
http://www.fiberbit.net/user/stairway-cin/

会場は、渋谷 O-WEST。 到着すると入口付近は、既に長蛇の列が!! 流石、大御所。名古屋を本拠地にするバンドなのに、 東京での人気も凄いのねぇ♪
整理番号順の入場です!とのアナウンスが聞こえてきて、 私は幸運にも14番目の入場でした♪(*≧艸≦) 他の先輩ファン方を差し置いて、新参者が乗り込んで失礼。(汗) もちろん、ギター側最前列に座りましたが何か?(爆)
周りを見回すと、男性が多かったかな?会場の椅子は満席。 開演前の間、後ろ列の方達が、Zepp 話で盛り上がったりしてて、 期待感が加速してきます♪(*≧艸≦) ワクワク !!
18:30頃、いよいよスタート♪
SET LISTは… 曲名覚えてません。(^ ^;)ゞ 確か、「Rock'n Roll」で始まったんだっけ?(忘) ただ私が聞いた事のある曲が多かったです。 「プレゼンス」から…と、紹介された1曲は さーっぱり判りませんでしたが、他は聞き覚えあり。アルバム 1st〜4th からの、初期の曲が多かったのでしょう。


*追記:↑のsiteにて、レポが公開されました!!
そこから、SET LIST を拝借。(;^_^A

Immigrant Song
Black Dog
Since I've Been Loving You
The Song Remains The Same
〜The Rain Song
Dazed And Confused
Tangerine
The Batlle Of Evermore
White Summer
〜Black Mountain Side
〜Kashmir
Achilles Last Stand
Moby Dick
Stairway To Heaven

-ec-
Thank You
Good Times Bad Times
〜Communication Breakdown
-ec-
The Ocean
Whole Lotta Love
〜Rock And Roll

1曲目から、タイトル覚え間違えてる私って…。(TωT)

Guitarの方はサンバーストの59年レスポールをメインに使用。 途中、ダンエレクトロや、WネックSGを使用してました。 スピーカー真ん前にも関わらず、意外と耳に優しい音でした♪ エフェクタは、CRY BABYと、オレンジの箱(多分、Phase90)と、 スイッチっぽい物の3つだったような。 ギタリストの後ろにはマーシャルが3台、横に並んでいて、 その1つには、ZOSO(だっけ??)マークがありました。

Bass 兼 Key の方は、ベースを3本ほど使用してたかな? 途中、「John Paul Jones 3neck Guitar」と言うレア物も! 裏面には、John Paul Jones ご本人のサイン入りでして、 ファンから「裏を見せて〜!」の声が。( *≧艸≦) キーボードの中には、「メロトロン(or ノヴァトロン)」もあり、 とても幻想的な不思議な音色をかもし出していました♪

Drumの方のセットも、凄かったっ!!Σ(・ω・ノ)ノ ドラムセットは、オレンジ色のシースルーの物。(メーカー不明) バスドラは、多分、26inch かな??しっかりマーク入り♪ セットの後ろには、Paiste の銅鑼がっ!!でかっ!! そして、スネア近くには、ティンパニーらしき物があった?! う〜〜ん。凄すぎて、頭に?マーク点滅しまくりでした。(爆)

Vocal の方は、とにかくパワフルで、踊りまくってました♪ ギターソロの時でも、少しステージ端でリズムに合わせて 腰をグラインドするようなダンスっ!!( *≧艸≦)∴ブッ www 歌声は、とても伸びやかで、本家より少し低めのトーンだけど、 ほんの少し低いかな?と思う程度なので、素晴らしいです♪ MCも、お決まりなのか(笑)、一応英語で話すのですが、 ところどころ、怪しげな日本語もあり、笑かしてくれます!!^^

とにかく、音が綺麗っ!!(≧∇≦) 最前列で観ていたので、スピーカーの音より、ステージ上の音が 聞こえてもいたのか、バスドラの響きが気持ち良かった〜〜♪ つい、Volさんを観るより、Gさんの手元を観てしまう私です。ww 「DAZED AND CONFUSED」の時の、弓弾きの手元とか、 凝視しちゃいましたよぉぉ♪( *≧艸≦)∴ブッ www 凄く綺麗に音が出てて、ちゃんと聴けたので、ビックリ!!

何だか、音が気持ち良すぎたのか(笑)、途中眠気が?! 終盤近くの、「Moby Dick」ドラム・ソロで、耐え切れずに トイレへ中座。(^ ^;)ゞ 最前列で、照明にやられたのか 目も痛くなってたしね。<ドライアイな私。 外階段から、上のフロアのトイレに行って、ちと電話なぞ。ww まだ、あちら(謎笑)も、間に合いそうかも♪

会場に戻ると、「STAIRWAY TO HEAVEN」が、始まったトコ。 席に戻らず、最後部で聴いてました。…(-ω-。) エエ曲や♪ この曲で、ラストだったようで、メンバーさん達は挨拶して退場。 多分、この後、アンコールに続くのでしょうが、私も退場っ?! 約2時間のステージを、堪能させて頂きましたっ♪ヾ(≧▽≦)ノ

初 cinnamon は、綺麗な音の広がる空間で、心地よかったです♪ と同時に、LED ZEPPELIN トリビュートバンドさんは、金持ち?!(笑) てか、拘ると機材費が大変なのね〜!と思っちゃったわ。ゞ(≧ε≦o)

 

2006年10月7日
☆ゆう   2006/10/08(Sun)投稿

神戸ウィンターランドのライヴに参加しました。
73年もの中心かなーと思いましたが初期のライヴの曲をがんがん聴かせてくれました。
「フォースティックス」「ギャロウズポウル」生で聴くのは初めての曲に感動しました。「フォースティックス」はリズムがぶすぶす心臓に突き刺さってくる感じ。圧倒されました。「レモンソング」この曲は最高にしびれましたね。
素晴らしいライヴでした。「ZEPを知りたければシナモンに行け」という思いを強くした夜でした。

☆オニヨメさん   2006/10/09(Mon)投稿

おつかれさまでした。こちらこそ楽しく過ごさせてもらいまして、ありがとうございました。

☆LiZaさん   2006/10/10(Tue) 01:21投稿

神戸でお世話になった皆様、どうもありがとうございました。
「ZEPを知りたければシナモンに行け」というのは同感です。

 

2006年8月6日
☆ゆう   2006/08/7投稿

シナモンのライヴに行ってきました。
ライヴの前後に飲んだので詳細は覚えてないですが
後期の曲が多かったように思います。
演奏は相変わらず、物凄いものがありました。
モビーディックのドラムも素晴らしかったですね。
それと「Thank You」の演奏を聴いているとき、不覚にも涙ぐんでしまいました。
こんなことは初めてです。

コンサートの詳細はここで

http://www.renai.gr.jp/user/stairway/

 

2006年2月19日
☆ゆう   2006/02/20(Mon)投稿

私はZEPのライヴには行けませんでしたが
このような形でZEPの演奏を感じることができるのは大変幸せなことだなあ、としみじみ感動しました。
わざわざ大分まで来てくれてZEPのステージを再現してくれるシナモンのメンバーには本当に感謝です。
素晴らしいライヴでした。

ただライヴの前に関サバの刺身、馬刺し、鳥天、関アジの寿司、だんご汁等食べましたが、お酒もちょっと飲んだような・・・
細かいことが思い出せません。Per−Cさんがチェリー柄の衣装だったような・・・
食べたものだけしっかり覚えている私って何なのでしょう?

大分でご一緒できた皆さん、楽しかったです。お世話になりました。ありがとうございました。

☆かなりImmigrantzさん   2006/02/20(Mon) 投稿

素晴らしいライブでした!
馬刺し美味かったですね〜!!
私もお酒をちょっと飲んだような・・

細かい事が全く思い出せません。

☆オニヨメさん   2006/02/20(Mon)投稿

ゆうさん、ご一緒した皆さん、ありがとうございました。
関あじ・関さば・馬刺パーティー、美味でしたねぇ〜。
他の皆さんは飲む方に専念されていたので、私ばかり食べていたような気もしますが(笑)
おかげさまで美味しいもので気合いを入れて、ライヴ観戦に臨むことができました。
シナモンのライヴは流石ですね。安定感のあるいい演奏だったと思います。
メンバーさんの呼吸もぴったり合って、音のバランスもとても良かったですし。
75年あたりがメインテーマ?という感じでしたね。

ライヴ後、私も少しだけお酒を頂いたので、楽しかったことしか思い出せません。
誰かが近くでギターを弾いていたような気もしますが・・。
プチ二日酔いだったので、飛行機が揺れなくてよかったわ(笑)

☆ゆう   2006/02/21(Tue)投稿

馬刺しも美味しかったですねえ。
「生きててよかった・・」と感動しました。
皆ちょっとしか飲んでないのに記憶が乏しいのですね。
アコギ弾いてた方もいましたね。ステージでは絶対聴けない演奏が聴けて得した気持ちになりました。
皆さん詳しいライヴレポートはオニヨメ様のと合わせてstairwayさんのサイトで読んでくださいね。
http://www.renai.gr.jp/user/stairway/
stairwayさんは冷静でした。私がどこぞで「ここはどこですかア?」と聞いたとき、クールな笑顔で「大分です」と答えてくれたstairwayさんでした。

 

2005年9月17日
☆FAT DEBBLIN 凡蔵さん   2005/09/20(Tue)投稿

凄い・・・絶句。
完全コピーバンド恐るべしですね。
実は私、シナモン観戦は三回目くらいになるかと記憶していますが、今回初めて現ドラマーの方でのライブを見ました。ドラマーとして、なるほど、こういうアプローチもできるんだなあと感心しつつ何かを盗もうと必死に見てまいりました。
でもやはりジミーさんは凄かった。上手い。
ジョンジーも凄い。みんな凄い。
最近ZEP Junkeyです。嬉しい限り。いい刺激いっぱい貰えた
ので今後益々FAT DEBBLINも布教活動頑張りま〜す。応援よろしくおねがいしま〜す (~~)/

☆オニヨメさん    2005/09/20(Tue) 11:25 投稿

ゆうさん、CINNAMON博多ライヴに行って来ました!楽しかったですよ。先週のマニアックな名古屋とは打ってかわり、映画「永遠の詩」がメインの選曲。このパターン、何度聞いてもいいですねー。アンコールでギターの弦が切れてびっくりしましたが(曲もHeartbreakerだったりして)、うまくWhole Lotta Loveに入ったところでギターチェンジ。相変わらず華麗でした。
今回はゆうさんの分まで楽しんできましたが、次のライヴはぜひ、ご一緒しましょうね。

 

2005年9月10日
☆LiZaさん   2005/09/11(Sun)投稿

CINNAMON GIG @ELL! を見に行っていて、電車に乗り遅れて今日は名古屋泊です。

初めて聴けた曲が2曲もあって嬉しかったです。
In My Time of DyingとWhite Summer。
White SummerはKashmirに続きます。早業でした!

☆市民ペイジさん   2005/09/11(Sun) 投稿

僕も昨夜シナモンを観に行って来ました。リハビリと付いてはいますが、その名はそろそろ外しても良い頃かと思う立派なライヴでした。3時間もやてましたし、、

シナモンの宮崎さんはジミーのギターに独自の解釈を加え芸と言える域まで昇華させています。

 

2005年7月9日
☆オニヨメさん  投稿2005/07/9(Tue)投稿

9日にCINNAMONのライヴに行って来ました。当日は朝からすごい雨でしたが、ライヴ前には上がったんですよ。おぉ、ラッキー!と喜んでいると、オープニングはTrain Kept A Rollin’〜I Can’t Quit You Baby〜Babe I'm Gonna Leave Youと立て続けに初期のナンバー。こういうの新鮮ですね。JIMYさんはそれに合わせてか、白いテレキャスにTシャツ姿で登場でした。途中、アコースティックセットや迫力満点のMoby Dickもやってくれましたが、Ramble Onもよかったなぁ。やっぱりELLは地元だけあってか、各所にマニアックな雰囲気が目立ちました。ラストのWhole Lotta Loveメドレーは超大作。いつのバージョンかはわかんないけど、途中にElvisのハートブレイクホテルとか入ってましたよ。
しかし、名古屋ってシャイなお客さんが多い土地柄なのでしょうか。いつも反応が控えめというか奥ゆかしいというか(笑)。でも、今回楽しかったのはアンコールで客席から「移民の歌が聞きたい!どぉーしても聞きたい〜!」っていう大声で、会場大爆笑だったこと。もちろんちゃんと演奏してくれましたよ。

 

2005年6月26日
☆オニヨメ(リハビリ)さん  2005/06/29(Wen)投稿

神戸チキンジョージに行って来ましたが、チキンでのフルライヴは7年ぶりくらいかな?曲は順不同ですが、移民、ハートブレーカー、丘の向こうに、Bring It On Homeとか72年風(だと思う)と、Misty Mountain Hop〜あなたを愛し続けて、幻惑されて、とか映画でおなじみ73年バージョン?のミックス設定でしたが、ちゃんとアコースティックパート(Tangerine、Black Country Woman〜Bron-Y-Aur Stomp)もあって良かったです〜。しかし、今回なんといってもMoby Dickが聴けるなんてびっくり!音がガンガン大きくてパワフルでかっこよかったですよ。しかも演奏後にコップの水をぐい〜っと飲み干して、John Bonham!ジャジャ〜ン!John Bonham!ジャジャ〜ン!ていう部分まで映画の通りやってくれたのが、めちゃめちゃうれしかったです(笑)。
日頃から関西のライヴはお客さんが盛り上がるけど、今回は特にノリノリ。怒濤のような歓声がライヴハウス内に響き渡っていたし、ステージにもその興奮が伝わったようで、メンバーの皆さんもニコニコ。いつもに増して張り切って演奏しているように見えました。これでこそロックのライヴ!って感じ。 あ〜、楽しかった!元気をもらいました。

☆ぽちこさん   2005/08/16(Tue)投稿

神戸でシナモンを見ることが出来ました。正直、若い頃のロバートプラントを初め他のメンバーのルックスにもメロメロな私はコスに抵抗があって、よく見えないように一番後ろの席に座ったのですが実際演奏が始まってみると本当に面白くって格好良くってなによりも音がよかったです。なぜ最前列で見なかったのあほですかばかですかと自問自答です。

 

2005年5月22日
☆LiZaさん 2005/05/23投稿

Heartbreaker-Whole Lotta Love特に最高でした!とっても幸せな気分…

☆オニヨメ(リハビリ)さん  2005/06/13(Mon)投稿

金沢でのCINNAMON、なんと9年ぶりだったそうです。夕方から降り出した雨を吹き飛ばすような熱〜いライヴでした。
曲は73年の「永遠の詩」中心かと思いますが、途中にBabe I’m Gonnna Leave You とか初期の曲がじーんと胸にしみました。この曲で久しぶりに白いテレキャスを見ましたわ。珍しかったのは、最後の曲がStairway To Heavenで終わらず、そのままHeartbreaker〜Whole Lotta Loveのメドレーに突入したことかな?こういう展開は初体験で、新鮮でした。(帰りの時間が迫っていたのでしょうか?)もちろんちゃんと、普通のアンコールもありましたよ。
面白かったのは、オープニングアクト演奏後の器材入れ替えで、足元のスイッチやペダル類がセットされると、おにいさん方がステージ前に集まって「へぇ〜」と眺め、レスポールがセットされると、またもや集まって「ほぉ〜」と見ているという現象でした。どこのライヴハウスでもちょくちょく見られる姿なのですが、本当に楽しそうに眺めていて微笑ましかったです。そういえばJ・ベックの海外追っかけをしている友人(女性)は、「どうして日本の男達は、必ずステージ前に行ってスイッチとか見るんだろう?海外ではそんな人いないわ!」と言ってましたが、日本だけの風習なんでしょうか?

 

2005年4月17日
☆12頁さん   2005/04/18投稿

16新潟行けばMR.JIMMYと17横浜CINNAMON連荘出来たんだ!残念!SPゲストバンドもMC・演奏共に上手く「先輩のジミヘンがZeppelinの前座やるんか?」には会場大爆笑でした。CINNAMONとMR,JIMMYの対バン見たいね・・。贅沢な叶わぬ望みかな?

☆オニヨメさん   2005/04/20投稿

横浜BLITZは昨年秋にできたばかりの新しい会場だそうで、建物はきれいだし音もすごくクリアーでした。今回、珍しく71年武道館公演をイメージしてというコンセプト付きでしたが、なんで武道館?なんでしょうねぇ。同じ日本公演なら大阪フェスティバルホールの方が演奏時間も曲数も多いのに(笑)というわけで、もちろんオープニングは移民、そしてHeartbreaker〜Since・・〜Black Dog〜幻惑されてという流れで進んでいきましたが、一緒に行った友人達は、武道館そのまま演るだけじゃなくて、すごく面白い!と喜んでました。衣装はどうみても全員73年マディソンSGだったしね(笑)しかし、アンコールではJIMYさん白ドラゴンにお着替えで、ダブルネックを抱えるといきなり77年にタイムスリップしたのが笑えました。永遠の詩〜The Rover〜Sick Againでやんやの大声援。やっぱりCINNAMONはこうでないとねぇ。それにしても最前列中央に1つだけ空席があったのがもったいない・・・。

ゆうさんにご心配頂いた足の怪我もおかげさまで順調に回復しています。有り難うございます。ライヴに行くと良くなるような気もするので、今度決まった5/22金沢AZや7/9名古屋ELLと追っかけを続けたら、フルマラソン走れるくらいになるかも(笑)

☆mini-chan@J-sanさん  2005/05/04投稿

ライブ見て来ましたよ。良かったです。前座となったジミヘンのコピーバンド、”しげおロールオーバー”もさることながら、”シナモン@リハビリ”も良かったです。

音のバランス(シナモン)も全部聞けるようなバランスになってましたし。何しろ音のまろやかさが・・・・
ライブ時間は途中休憩を抜いて、ちょうど放送時間ぐらいでしょうか・・・変なカットをされないことを切に祈ります。

 

2005年4月3日
☆オニヨメさん  2005/04/06投稿

ステージにJIMYさんが白のドラゴンスーツにダブルネックを持って登場・・・となると、
やはりオープニングは“永遠の詩〜The Rover〜Sick Again”でしょう。私このパターンけっこう好きなんです。
アコースティックセットでは、John-Gさんの3ネックも拝めたし、“限りなき戦い”なんて久しぶりです。
もちろん“幻惑されて”は映画のシーンの崖登ってるところ(笑)とかが頭によみがえったり・・
“強き二人の愛”なんて文句なしにしびれましたね〜。
Thank Youでのオルガンソロは70年代の響きが懐かしくて胸にぐっときます。
ZEPは本当に名曲が多いんだってことを、CINNAMONのおかげで改めて感じるひとときでした。

ELL1階でフルライヴをするのはこれが初めて。天井は高いし、音も大きくてかっこいいし。
6月には神戸チキンジョージでのライヴも決まりましたが、その前に4月17日は横浜BLITZへ行かなくては!

 

2005年2月28日
☆ゆう      2005/02/28(Mon)投稿

素晴らしい夜でした。

CINNAMONのライヴは昨夜が初めてで、ライヴに行けたこと自体が嬉しかったのですが
CINNAMONの演奏は凄いです。ZEPがのりうつったらこんな演奏をするのではないかと思いました。音のかたまりがこちらに叩きつけてくる感じはすごいです。

あのテレビでちょこっと見たシナモンが目の前に・・・夢がかなった瞬間でした。

☆鬼嫁さん    2005/03/02(Wed) 投稿

そしてCINNAMONといえば、移民の歌からでしたが、Black Dog、Misty〜Since、永遠の詩〜雨の詩と、たぶん73年のテイクが多かったのかな? JIMYさんの衣装が黒ドラゴン&月星だったし。ただ、わたくし「○年○月○日のライヴ」っていうのにあまり興味がなくて、どの曲を聞いてもすご〜い!かっこいい〜!としか言えませんの(笑)だっていつもいい音なんですもの。
ちなみにPer-Cさんはチェリー柄、Henlyさんは蜘蛛の巣Tシャツ、John-Gさんは黒と茶色?のベストといったステージ衣装でした。
あとはHow Many…で弓芸も見られたし、アンコールのBring It On HomeはPer-Cさんのハープ、それにギターとベースの掛け合いパートもあって得した気分。これで3時間半くらいやってくれたら言うことないですね(笑)
お客さんも7年ぶりのせいか、最初はびっくりした感じでしたが、時間とともにノリノリに盛り上がって、アンコールのRock and Rollではスタンディング&大歓声でした。
セットリストはこちらでご覧になれます
http://www.renai.gr.jp/user/stairway/liverepo/kyokulist.html

 

2004年9月23日
☆LiZaさん    2004/09/24(Fri)投稿

シナモンライヴ at 渋谷O-WEST!!
遂にシナモンが東京に来てくれました!!!!!!!!
今回ゲスト出演でしたのでセットリストは短めで:

Immigrant Song
Black Dog
Since I've Been Loving You
How Many More Times
Stairway to Heaven

演奏は素晴しく、会場の音も良く、とっても贅沢な気分になりました。
割とニュートラルな立場でシナモンを何度か観て来た妹も、
今回最高に楽しめた&JIMYさんが神憑って来た、との評でした。
過去3年間弱、色々なシナモン(リハビリテーション)を観る事が出来て、
本当に幸せだったと思います。


2003年7月13日
☆LiZaさん   2003/07/16(Wed)投稿

リハビリテーション OF CINNAMONに行き、満たされて家路に着きました。
個人的にはTEN YEARS GONE、THAT’S THE WAY、ACHILLES、SONG REMAINS〜などが入っていた前回のセットリストの方が好きでしたが、今回も堂々たる貫禄の演奏です。

ZEPを聴きつづけて20年目にシナモンを初めて聴いたというのに、ビデオでJIMYさんを観てからジミーペイジに一層注意を払うようになりました。、
ジミーペイジ本尊の生演奏をこの先聴く機会がなくてもJIMYさんが演奏続けて下さったらそれでいいかな?...という大・大ファンなのに、演奏が余りに隙の無い安定さだったので、うっかり雑念がよぎり何曲かをぼーっとしながら聴いてしまい、勿体ない事をしてしまいました。
ブートを数聴いていない為、アンコールのオルガンソロの部分の出典が全く判らなかったのが少し残念でしたが、楽しめたのには変わりなく、HEARTBREAKERはバッハのブーレが入っているものでしたし、ギターのWHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BEもとても新鮮でした...
というのは先月末にピアノでの同曲を聴いたばかりなので。

☆名古屋市民ペイジさん    2003/07/15投稿

シナモン行ってきましたよ、、土砂降りの中ELL満員でした、、
あの雨の中機材搬入しただけでも頭が下がりますが、演奏もドラムが替わっているので、ボンゾウには悪いがメチャ向上です。

☆WINGさん      2003/07/13投稿

本日名古屋のELLでシナモン(リハビリテーション)のライブを見てきました。音のバランスもよく最高です。もうそろそろ、リハビリを外してもいいと思うのですが? 完全復帰です。2度のアンコールで全13曲、ほぼ2時間のステージでした。ジミーは赤紫の月、星の衣装でした。

1.ROCK AND ROLL
2.NOBODY'S FUALT BUT MINE
3.BLACK DOG
4.OVER THE HILLS AND FAR AWAY
5.MISTY MOUNTAIN HOP
6.SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
7.DAZED AND CONFUSED
8.WHATIS AND WHAT SHOULD NEVER BE
9.STAIRWAY TO HEAVEN
10.THANK YOU
11.WEARING AND TERING
12.IMMIGRANT SONG
13.HEARTBREAKER


2003年4月29日
☆ぱーしーさん    2003/04/30投稿

移民の歌
ブラックドッグ
丘のむこうに
貴方を愛し続けて
ハウ・メニー・モア・タイムス
カルフォルニア
ザッツ・ザ・ウェイ
テン・イヤーズ・ゴーン
アキレス最期の戦い
天国への階段

アンコール1
ハートブレーカー
胸いっぱいの愛を〜ロックン・ロール

アンコール2
コミュニケーションブレイクダウン

今回はJIMYは白ドラゴン!!
ということで77年を中心にしてました。カルフォルニア,ザッツ・ザ・ウェイではジョンジーがキングギドラで登場!!何年振りかに見ました!!
引き続きテン・イヤーズ・ゴーンでキングギドラ、JIMYはベンダーテレキャス!!そして次のアキレス!!シナモンのアキレスは僕は初めて見ました。
10年ほど前に関西で数回見た時も一度も見たことなかったのですごい嬉しかったです!!
アンコール1の胸いっぱい〜ロックン・ロールの繋がりも77年通りでした!今回はジャンプしてました!!
あとアンコール2のコミュニケーション〜の出だしは恐らくブルーベリーヒルバージョンではないかと思います。

 見る度に良くなって来ている気がします。すばらしい!次回は7.13です。絶対行こーっと!!


2003年1月19日
☆ぱーしーさん   2003/01/23投稿

今年一発目のリハビリ・・今回からは名前が「リハビリテーション OF CINNAMON」!!祝!!

今回はBAND OF SHIGEO ROLLOVERとの対バン。まずBAND OF SHIGEO ROLLOVERが1番手で出てきました。
1曲目がウッドストックでもしていたJAM BACK IN THE
HOUSE!この曲僕は大好きなんです!!2曲目はFIRE!!もう会場はノリノリ!!でこの曲の最後にギターを後ろに放り投げてマーシャルのヘッドに直撃・・・!!ギターもろとも地面へ・・・。お客さんからも「シゲオさん!やりすぎー!」の声が(笑)。終始テンションの高いステージでした!今回でこのメンバーでは最後らしいです・・。でもこれを乗り越えてがんばっていただきたいものです!!

次はリハビリテーション OF CINNAMON!JIMYが上下の黒ドラゴン!!8年ぶりくらいに見ました!
会場も登場して彼の衣装を見てどよめいていました。Per-Cも75年風の衣装。
今回はSICK AGAIN、KASHMIR、TRAMPLED UNDER FOOTが見れて嬉しかったです。
演奏自体はうーん・・まずまずと言った感じでした。構成が怪しかった曲が何曲がありました・・が、これがZEPぽかったりして・・・ということにしておきましょう(笑)。
HEARTBREAKERのJIMY一人のソロでリズムに合わせてジャンプしていたJHON-Gがとてもかわいくて印象的でした(笑)。次回は4月!また叫びまくろーっと!

☆LiZaさん   2003/01/21投稿

衣装篇ですが、PerCさん、物凄く黒が似合っていました。
ROCKER定番色ながら、安っぽくなるか、似合わないか、難しい色だと思うんですが、とても良かったです。(以前見た紺も良かったかな?)

☆LED HOUSEさん   2003/01/20投稿

今年最初のシナモン(リハビリ)見てきました。今日は、名古屋のELL.F にて、シゲオロールオーバーのJIMIHEN × ZEP の夢の競演で、双方ともノリノリでした。
久々にジミーの黒の衣装もバッチリ。今日は、珍しくカシミールをレスポールでやってました。
曲目は、

1.ROCK AND ROLL
2.SICK AGAIN
3.THE SONG REMAINS THE SAME
4.THE RAIN SONG
5.KASHMIR
6.TRAMPLED UNDER FOOT
7.STAIRWAY TO HEAVEN
8.HEART BREAKER
9.WHOLE LOTTA LOVE


アンコール
10.IMMIGRANT SONG

今度は、4月とのこと。タイバンなしでやってほしいな。



2002年10月7日

☆ぱーしーさん  002/10/07投稿
 
1,Rock'n roll
2,Black dog
3,Misty mountain hop
4,Since I've been loving you
5,No quarter
6,The song remains the same
7,Rain song
8,The song remains the same
9,Stairway To Heaven
10,Heartbreaker
11,Whole lotta love
12,Immigrant song


 
リハビリになってからの初(だと思います・・)のワンマンライブ!仕事も強引に5時で切り上げ、もうドキドキで行きました!多分73年で来るだろう!と思っていたので狂熱のライブをCD、ビデオをもう一度聞いてから行きました。またも予想は的中!!
 今回はかなりよかったです!大きなグルーブを感じることができました。かなり練習したのでは?と思いましたよ。テルミンも見れましたし、最後はみんな立ち上がっての移民・・・。熱くなりました!!
 Jimyはズボンだけ黒ドラゴンでした・・・。もしかしてふとっちゃった・・・とか(笑)?・・次回は完全な衣装を見たいです。
 もちろん今回も叫びまくりました(笑)。

まだ見たことがない方はぜひ見に行ってこのすごさを体感して欲しいです!

☆PAGE さん 2002/10/07投稿

確かに栗川さんのドラミング、今回俺も特に目を引きましたよ。桜井さんのギターはもちろん凄かったですよね。ギターの音は確かに71年当時のあまり歪んでいない音(俺の好きな音なんすよ、あれが・・・)だったし、「天国」のソロなんかも71年BBCに後期のエッセンスが混ざった桜井さん風解釈の最高なものだったしね。メンバー全員絶好調だったような気がしますよ。来年も楽しみです!


2002年7月8日
SET LIST:LiZaさん、ledhouseさん、ぱーしーさんの情報です

1.Rock and roll
2.Black dog
3.Misty mountain hop
4.Since I've been loving you
5.Dazed and confused
6.Stairway to heaven
7.IMMIGRANT SONG

ぱーしーさん    2002/07/12投稿

 平日にもかかわらず立ち見が出るほど入ってました。みんなの期待が伺えます・・・。

 ドラムセットを見ると今までタム・タム・フロアの4点だったのが、タム・フロア・フロアの4点に、しかもティンパニ、ドラがセッティングされてるではありませんか!?彼らのライブに対する意気込みが感じられます。
 
 シナモン時代のように「BRON-YR-AUR」が流れてからはじまるのでは・・・?と期待していたらそれはなく、普通にメンバーが自分の楽器の元へ。衣装はそんなに意識したものではありませんでした。さあ、期待の1曲目は・・・ロックンロール!!やっぱりいいなぁ!さてGソロが終わり狂熱のライブではジミ―がジャンプする所・・・今までは飛ばなかったんですが、今回は・・・飛んだ―!!!!思わず拍手(笑)!!JIMYもやる気満々みたい!3曲目を聞いた時点で「今日は73年やな」っと確信。これから何が出てくるのか楽しみ・・。4曲目は流れ的に読めてましたが、5のイントロで驚きました・・・!短いバージョンなのか、それとも・・・。結果は30分弱してたと思います!完全バージョンでした。感動しましたね〜!でも次の瞬間さらに驚きました。JIMYがWネックを持っている!!時間的にもクライマックス・・・。この曲も15分ほどやってたと思います。最後はノリのいい移民で締めてました。

 確かに曲間にMCが無いのは寂しいですね。昔はきちんと凡造さんが「何年の何月何日のバージョンです」っていってくれたりしてわかりやすかったですし・・。でもすごくよかったです。これからも定期的にしてほしいですね!73年以外(特に75年以降)の曲を聞いてみたいです!

☆ぱーしーさん   2002/07/10投稿

僕も行ってきましたよ!
Smileさんのおっしゃっていた、「低い声の”ジョンジー!!”コール」は私と友人です(笑)。

☆ledhouseさん    2002/07/09投稿

5年ぶりくらいでしょうか。
復活シナモン(なぜかリハビリテーション to zeppという名で出てました)待ちに待ったライブです。
ドラムが新メンバーになりましたが、バンドとしては、以前と同じくすごかった。
おいしいところを約1時間のステージでした。
ボンゾーさんが抜けたせいか、MCなしのステージだったのが少し寂しかったけれど、
ほんとうに復活して最高でした。

☆Smileさん  2002/07/09投稿

私も会社を早退!してリハビリテーションを観に行きました。
シナモン時代から観ていたので久しぶりにJIMYさんやジョンジーさんを見れて感動しました!
昔のシナモンを知っているだけに演奏はそんなに感動はしませんでしたが、
JIMYさんもあまりギター下げて弾いていなかったし・・・。
リハビリ・・っていうのが、なんか分かったような気がします。
だけど低い声の”ジョンジー!!”コールもあったし、足でベースを弾くところも久しぶりに見れたので
良かったです。また、このまま定期的にライブをやって欲しいです。ファンクラブも復活しないかな?

☆LiZaさん   2002/07/09投稿

昨日のJIMYさん、PerCさん、JohnGさん、Henryさん(?)の4人への
比類なきパフォーマンスへ、惜しみない賞賛を贈りたいと思います。
今回のステージのテンションの高さには全く度肝を抜かれました。
今まで私が4回観てきたリハビリライヴとは、確実に一線を画した
空気が漂っていたからです。私自身こんなに緊張したライヴは初めてでした。

20年前に夢中になっていたファンを率いるような、まさにトリビュートバンド最長老の
リハビリテーションは、2002年7月8日、彼らのホームグラウンド、エレクトリック
レディランドのFIT'S ALL会場に、王者の風格で再び姿を見せてくれました。

「狂熱のライヴ」の完全な再現が成し遂げられた、
DAZED AND CONFUSEDにおいては
青年が崖を登り、遠くの犬の遠吠え、
雲間から月が現れ、風と木々がざわめく音が呼応し、
隠者が現れ剣をゆっくり掲げると時間が逆回転して....

とにかく全てがリアルに再現されました。あの時のJIMYさん
には、確かに往時のジミ-が降臨していたようです。

余りに凄い演奏であったがゆえに、曲終了時、一瞬会場が、
静まりかえりました。直後、拍手喝采が巻き起こったのです。
息を飲む今回の客席の一体感は、プロのコンサートでも仲々
訪れるものではなく、全身鳥肌が立ちそうでした。

私の隣の席には初めてリハビリを観るらしい男性が座っていましたが、
ふと耳に入ってきた彼のシンプルな賛辞が、この時の感動の性質を
集約していた気がします。拍手が完全に止んだ後に、すごいね...とつぶやき、
後に言葉が続かなかったのです。

つまり、あの空気は、どう筆を尽くして説明しようとしても土台無理であり、
実際に行って頂く以外にありません。ZEP無き現在、もしZEPを観る事が
悲願という人なら、いくら費用をかけようと観に来て損は無いでしょう。
以上リハビリテーション to Zeppのライヴ報告でした。

☆さとぽん さん       2002/07/09投稿

最近、またZeppにはまっており、リハビリとSROの対バンに参加してきました
今から20年ほど前、シナモンに傾倒しておりましたが、大阪で就職して以来…。
しかし久々に聴いた感じは『うお〜ッ!!!』。メンバーはジミーは間違いなく同じ人やったけど、ボンゾやジョンジーは???
ライブは映画『永遠の詩』と同様の始まりでした。
 


2002年5月12日

☆ぱーし−さん    2002/05/13投稿

では曲目から・・・

1,Rock and roll
2,Black dog
3,Over the hills and far away
4,Since I've been loving you
5,Out on the tiles
6,How many more times

でした。

 今回もアンプの上に弓を発見!まず、にやり・・(笑)。
 一曲目のロックン・ロール。テンポはゆっくり目。狂熱のライブの感じでした。Gソロが終わって、歌が始まり、狂熱のライブではJIMMYがジャンプするとこに・・・「頼む!跳んでくれ・・・!!」と願いましたが駄目でした(笑)。
 2曲目の黒犬。今回は一人で行ったので、「あーあー」と叫ぶとこをサボってしまいました。ごめん!パーシー・・。
 3曲目の丘から〜は良かったです。静と動がはっきり分かれていますし、意外とGソロのバックは激しいんですよね。
 4は狂熱のライブバージョンでGソロから始まりました。ジョンジーはキーボードにフットベースで弾いていました。ジミーのソロは圧巻でした!
 5は前回もしていましたが、エンディングが前回と違っていたような・・。今まで聞いたことない終わり方だった気がします。こういうことをするようになってきたということは、だいぶ、まとまってきた証拠ではないかと思います。
 6はお待ちかねのショータイム(笑)。弓でパーシーと掛け合いをしてました。


2002年4月21日

☆ぱーし−さん    2002/05/05投稿

LiZaさんのレポートに付けたしをさせてください。

 
その日のセットリストは

1.Goodtimes,badtimes〜Communication breakdown
2.What is and what should never be
3.Out on the tiles
4.Black dog
5.How many more times
6.Immigrant song

 
でした。

 始めのGoodtimes,badtimesは出だしを少ししてすぐにCommunication breakdownに移行してました。

 シナモン自体は4,5年ぶりに見ましたが、全体の感想はまだドラムのヘンリー(常連さんらしい方がそう叫んでいたので・・)が消化不足の気がしましたねぇ〜。
Per-Cは相変わらず見事でした!!ハイトーンもパワーがあって安定してました。
Jimyもサイコーでした。最前列だったので間近で見れてうれしかったです。独特の粘りのあるギターは最高でした。
John-Gもリズムをしっかり刻んでました。目立ちはしないけど縁の下の力持ちですね。あとこれにヘンリーがのっかってくればもっと良くなる気がします・・・。
 あと衣装を着ていなかったので早く完全復活してほしいですね。今回は初期の曲ばかりだったので、中、後期のも見てみたいです!!
毎月しているようなので、行ける日は必ず行こうと思います!!

☆LiZaさん    2002/04/30投稿

遅蒔きながら4月21日のリハビリ報告をします。
セットリスト(順不同)
★Communication breakdown
★Out on the tiles
★Black dog
★How many more times
だったような。

どこを切り取ってもスタジオテイクのようなシャープな演奏で私が今まで観た中でベストの回でした。これで「リハビリ」なら、「回復後」が空恐ろしいです。

それにしても、同じ曲を、回をまたいで演奏する傾向は気になる所で、何度も演奏される曲には何か意味が含まれているのでしょうか??

熱が出て地面が廻っていましたので、セットリスト、記憶が定かではありません。(メモも取り損ねました。)正確に記憶している方
いらっしゃいましたらフォローお願いします。


2002年3月17日

☆LiZaさん    2002/03/17(Sun) 投稿

セットリスト:
1.Rock and roll
2.Celebration day
3.Since I've been loving you
4.Kashmir
5.We're gonna groove


2002年1月20日

☆LiZaさん    2002/01/20(Sun) 投稿

セットリスト:
1.TRAIN KEPT A ROLLIN'
2.I CAN'T QUIT YOU BABY
3.DAZED AND CONFUSED
4.COMMUNICATION BREAKDOWN + ?

前回よりもステージアクトが大きかった(というか、前回は殆ど無かった?)です。
Per-Cさんは何しろ余裕たっぷりの、実力派シンガーではありますが、
今回、余りのハイボリュームさに感激しました!
(I CAN'T QUIT YOUの出だし!)
新メンバーの紹介を期待していたのだけれど、本日のMC(?)は
「GOOD EVENING!」と「JIMMY PAGE, LEAD GUITAR!」と「THANK YOU!GOOD NIGHT.」の3点だったです。
JIMYさんは、床から少し浮いているかのように軽やかでした。
JIMYさんで刷り込みされている私の目には、彼がJIMMY PAGEそのものにしか見えません。
(本物のJIMMYを見たら今度は何に見えるんだろう?)


シナモンの思い出

Bootanさんの保存していたシナモンのチラシ well come "P&P" LIVE TOUR 1966 全国7個所

☆LiZaさん 

転勤前夜の名古屋行きを敢行。
行きの車中、94年FM仙台ON AIR LIVE AT ROXY音源の中の最高に完成度の高いThe Song Remains the Same、大好きなSince I've been Loving Youをずっと聴いていました。
貰ってから10年間聴かないうちに無くしてしまった、89年音源というのも持っていました。
しかしながら初めて生で聴く事が出来たのは2001年で、きっかけは英国のZEPコピーバンドです。
以来7回程CINNAMONを観に名古屋を訪れたでしょうか、彼らの演奏に心底惚れ込んでいますが、それは技術の高さだけでなく、好みのフィーリングで聴かせて貰えるからなのだと思っています。
JIMYさんの時々ちょっとシャープ気味にチョーキングされる所や連続する3連符のフレーズ等でJimmyよりも個々の音の輪郭が際立っている所が、耳に堪えられない快感です。
丁度ロバートプラントのオリジナルなVocalスタイルに嵌められてしまう様に。この先CINNAMONが「永遠に」演奏活動を続けて下さいますように!




☆はじめさん

シナモンがライヴを行うんですね、活動休止していたのでうれしい限りです。シナモンのライヴを見てしまったのがライヴ音源収集の始まりでした。
さすがに当時16歳の僕にはあの演奏の凄さは脳髄に響きました!
たしかアトランティック40周年の時の再結成ライヴのあとで、BONZOW(あってる?)さんが「ごめんなさいライブ」といってたような気がします。
ぜひまた東京で演奏してほしいものです。


☆松123さん   

ライブは観たことないですが ずいぶん前 NHKのテレビに出ておられたのをみたことがあります。
あの時、”死にかけて”のギターの音をひらうのにブートを聴き比べてました。
ブートレコードに日が当たった瞬間でありました。(おおげさ)
また、CDも出されてますよね。デビュー盤の宣伝コピーは
ロバート・プラント氏、感涙?! ジミー・ペイジ氏、仰天?!
草葉の陰からボンゾがガバリと起き上がった?! そんなウワサは本当なのか?!  ”渋谷君も大笑い”   でした。
あと、ソング・プレイング・ザ・セイム ってアルバムもありました。

☆ぱーしーさん    

僕が初めて生シナモンとであったのは94か95年くらいだったと思います。まだVoはロバートでした。
で次にいったらPer−cに変わっていてびっくりした覚えがあります。
シナモンは究極のコピーバンドであり、僕の中ではお笑いバンドでもありました。
凡造さん語録で僕が覚えてるものは・・・アンコールを「残業のイニシエーション」、弓を「イギリスの伝統芸能」、「心が笑われるナンバー」などなど・・。
真剣ながらもエンターテイメントにあふれていたこの姿勢はとても影響をうけましたね。

あと当時は初級者編と上級者編の2Daysの日があり、とても面白かったです。
上級者編になると、マニアックで「この曲の途中でジミ―のギターのシールドが抜けるんですが、
その曲を再現します。」とかしてましたねぇ。

4年前に仕事が愛知になってシナモンが本拠地で見れる!と思っていたら活動停止してました・・。
ジミ―はレスポールの59年しかツアーに持っていかないんで、58,60年のレスポールが見れる!!
と思っていたのですが、リハビリでもまだ使ってくれません・・・。早く見せてほしー!!

☆E-SAMさん     

私は、「弦は腐れて」のネタが一番好きです。
祈・来東京!

☆なおっちさん    

シナモンは94年頃と、98年には春と秋に見に行きました。
98年は3回くらい東京に来たんですよね。
その後音沙汰が無かったのでどうしたんだろうとは思ってました。
ウチの亭主は凡造さんが好きだったんですが。
お辞めになった理由はどなたもご存知ないですか?
凡造さんのMCで覚えてるのは〜
「ジミーの弓芸」「キングギドラ(3ネックギター)」
う〜ん、色々笑わせてもらったのに、忘れちゃったなあ。

☆ロバー頭二宮さん

その昔、大分で「Led Zeppelin祭り」が2日間開催されたことがあります。
初日はIMMIGRANTZ、2日目はシナモンでした。
シナモンのライブでは最前列を移民全員で陣取って、「アキレス」や「モビー」等リクエストしました。
印象に残っているのは演奏というよりはボンゾさんのMCです。
「ロバートプラントがまだロバートプラントだった頃のハイトーンボイスをパーシーが披露します。」
というMCがいまでも思い出されます。パーシーがはしゃぎすぎて転んだり、機材が故障したり、演奏中以外はすべて笑いで包まれていたような気がします。
確かに究極の完全コピーバンドというコンセプトで初めて見た時は緊張しましたが、その緊張感をほぐしてくれる雰囲気があり、楽しませてくれました。
そう考えればIMMIGRANTZは演奏ではなくシナモンの「お笑い」だけをめざしているような気がします。
ところでシナモンのライブビデオと教則ビデオは見ましたが、リハビリの映像とかはないのでしょうか。

☆ぱーしーさん   

 当時関西でよくシナモンをみていたのですが、なぜかジョンジーは関西では人気がありみんな「ジョンジー!ジョンジー!」と叫んでましたね。

☆さとぽん さん      

ところでシナモンの20年以上前のことですが…。あれは私メがまだ名古屋の一高校生だったころ、知り合った人が大学院生のボンゾでした。
その大学の学園祭でZeppライブを演った時に見に行った覚えがあります。
それが、超初期のシナモンでした(まだ当時はチケットをさばくことが必要だったような?)。

それからELLにも入りびたるようになり、けっこう足を運んだものです。
ファンクラブにも入り、ライブ当日にはセッティングを手伝ったこともあります。
今となっては懐かしい思い出でありますが、大阪で就職して以来遠ざかっていました。
ボンゾさんが辞めた理由とか何か知っていたら教えてほしいのですが… 
いや、あれだけZeppが好きだった人ですから、何かのっぴきならぬ理由があったのでしょう。そっとしておきたくも思います.

☆ふじさくらさん  

素晴らしかったなぁ。いけいけ女子大生がまともなZEPファンになる数少ない時間でした。それが約10年前。
ZEP的にはかなり不毛な大学時代の唯一の彩り。

(ヴォーカルとドラムが替わってしまって)
再結成委員会でもとてもほのぼのした感じで好きでしたのに。
きっとどこかでZEPを愛してくれていますよね?

☆McGEE さん    

突然ではありますが、シナモンの95〜96年ごろのライブの思い出などを紹介します。(へんな書きだし?)

とにかく強く印象に残っているのは、ドラムのぼんぞうさんのMC。
まるで「ロック漫談」。
他のメンバはまったくしゃべらないのに(ロバートの”Good Evening!”ぐらい)曲と曲の間でよく笑かしてくれました。

やっぱり、聴きに来てる人は、自分も含めて、ギターキッズが多いみたいで、
ジミーさんがどう弾いてるのか?どういう指使いなのか?を観るために、
ジミーさんのまわりに集まり、演奏そっちのけで指ばっかり見てるんですよ。
それを見たぼんぞうさんが
「どうせ家に帰ったら忘れてるんだから」
と注意していました。

当時シナモンは結構いろんな音楽雑誌の取材を受けていました。

ジミーさんは衣装(ドラゴンスーツ)を専門の人に頼んで作ってもらっていたそうです。
しかしジミー ペイジがいつもギターをダラリと下の方で持つので、ちょうど右太ももあたりの刺繍がはっきりと確認できる
写真が無く、その部分は製作した人のカンで作ったそうです。

ギターダラリ奏法(?)は私も真似して弾いてました。
あのジミーペイジの弾き方は、弾きにくいし、姿勢悪くなるし、左手首が痛くなるし、、、
でもあれがかっこいいんですよね〜。

MCの中でぼんぞうさんによるディープパープル批判?もよく聞かれました。
例えば
「ツェッペリンには移民の歌みたいに、ギターソロが無い曲もあるが、
ディープパープルは全部の曲にギターソロがある。
リッチー ブラックモアは見栄っ張りだ」とかなんとかそんなことを
言っていました。

んで、そんな発言ばっかりしてたら、ファンから「ディープパープルのことを悪く言うな」とか、「嫌いなんです?」とか言われたらしく、
それに対して
「その辺のパープルファンよりもたくさんのパープルの海賊版とかもってる。だから嫌いなわけじゃない」
とか、
「にわかファンにそんなコト言われたくない」
とか言っていました。

演奏もすごいんですが、
なんと言っても凡造さんのMCが面白すぎでした。
はっきりいって、思い出されるのは凡造さんのロック漫談
ばかり・・・。

ボーカルの方が変わった(ロバートさんからパーシーさんなのかな?)
時の凡造さんの言葉を。
「音楽性の不一致」
確かこんなことをおっしゃってました。
コピーバンドなのに。

それで新しいボーカルのひと(パーシーさん?)
はフィリピンかっどっかの東南アジアで見つけてきた
とか言ってました。
当時私は何も知らなかった私はまに受けて、
ネイティブに英語が話せる人をボーカルにしたのか
とか、かってに納得していました。
でも日本人なんですよね?





by  ゆう

inserted by FC2 system